• RSS TAKAKIYA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2014.02.11

Beta RR4T 125 / 2014 インプレ

0001右

 
 
 

Betaの発売前の4st 125ccを紹介します。

名前はBeta RR4T 125.

今まであった水冷のLCではなく、もっとシンプルな空冷エンジンの125です。

年始にちょこっと紹介したあのバイクです。先日乗ってきました!

 
 
 
 

プリント

 
 
 

はい、かっこいいでしょ。

Betaと言えば、あの名車RR4T 125 LCというのがありますが(←これ、最高ですよ)

これはその空冷エンジンのタイプです。

エンジンは同じくヤマハのエンジン。そう、ヤマハのTTR125のエンジンです。

TTR125ってオフをやるトップライダーでも「TTRは最高のバイク、ライディングを身につけるためにはベストです!」

といわせるほどの名車。そのエンジンを使っています。

 
 
 
 

02右

 
 
 

車体はほぼフルサイズ。

CRF250Lよりは小さく、XLR125(古い?)よりやや小さいかも。

てか、ある意味ちょうどいい大きさかも。

KRAZyで以前乗っていたハスクバーナのSMR125(SMS4)やTE125とほぼ同じ大きさです。

あ、同じBetaのRR4T 125 LCとほぼ同じです。

LCはリキッドクールの略で、水冷エンジンの意味です。

タイヤはフロント21インチ、リアは18インチです。

 
 
 
 

プリント

 
 
 

これがそのエンジン。

TTR125の空冷エンジンです。

パワーも十分です。TTR125と比べてこのBeta RR4T 125は車体が大きい分だけやや重いと思うのですが

走りは同じような感じです。

 
 
 
 

1エンジン

 
 
 

ダートを試乗しましたが、かなりいけます。林道程度なら全然大丈夫!

ただし、大きなコブを飛んだりするのは苦手かも。リアをうまくフォローしないと、フルストロークしちゃいます。

フロントは思った以上に大丈夫です!

ストリートも走りましたが、最高速は100キロは出ると思われます。あれ何速だっけ?あとで調べます(汗)

クルマの流れを軽くリードできました。

 
 
 
 

1エンジン

 
 
 

スクーターの125だとクルマに着いて行くのがちょっとギリギリですよね。

このRR4T 125ならリードできます。

その分、クルマと一緒に走らなくていいのがうれしいです。

 
 
 
 

1エンジン

 
 
 

ブレーキも前後がディスクになっています(NISSIN製)。

ハンドルバーまわりは一般的。

 
 
 
 

1エンジン

 
 
 

メーターはデジタルで軽量なものが使われています。

 
 
 
 

1エンジン

 
 
 

海外のバイクですが、排気音も押さえられてういてストリートでも全く問題ないと思います。

排気のヌケも悪くなく、エンジンの出力はトルクもありとても乗りやすいです。

ダートをそれなりに攻めてみましたが、かなり行けます。

 
 
 
 

1エンジン

 
 
 

サスペンションが長く、シート高があるのがちょっとアレかな。。。

男性もそれなりじゃないと足がつかないかも。

でも車高を落とすのは、なんとかなると思います。

この車両は神奈川の大和市にオープンしたウブカタジャパンさんからお借りしました。

実車はここにあります→( http://ubukata-japan.com

ぜひ一度見に行ってみてください。

 
 
 
 

5サイレンサー

 
 
 

あ、そうだ。価格ですが、まだ決まって無いみたい。

でもいい感じの価格みたいですよ。なんとなく聞いたけど。

※この後、価格は370,000円(税抜/ レートの都合で価格も変わることがあります)になりました。

 

デザインもさすがイタリアンって感じでオシャレ、

4stだからメンテも楽、

車体の大きさもちょうどいいし、

だから気軽るに乗れるのもいいです。

いいっす、コレ。

他にもタイプがあって、RE125という少しロードよりのタイプです。

ホイールは同じだけどタイヤ、ブレーキが違うようです。

   ※こちらは350,000(税抜/こちらもレートの変動によって価格がかわります)になったようです。

 

モタード仕様は無いようです(残念です)。

 

ベータのサイトはこちら↓

http://betamotor.jp/wp/

 
 
 

最後にダートライディングの様子も(↓)。ライダーはBetaの販売店でもあるウブカタジャパンの産方さんです。

 

6ヘッドテールライトほか

 
 
 

レース車両じゃないのでこういうカットはあまり意味が無いと思うんですが、

でもね、それなりにいけるんですよ!

で、撮影してみたりして。

 
 
 
 
 
 

次回はストリートでじっくり乗ってみたいっす!

Beta Motor Japanの門永さん、ウブカタジャパンの産方さん、お願いします!

ホレました〜。。。

次回はRのスプロケを換えてもう少しショートにしてみたいっす(※1)

こんなにスピード出なくていいので。

もともとBetaの軽量ストリート仕様ってかなりいいんですよ。

水冷のLCも、かなりよいです。

LCのモタード仕様は買いのバイクです、まじで。輸入された台数が少ないから、なかなか無いけど。

 
 

※1:ショートにする。というのは、自転車で言う「漕ぎを軽くするギアにする」ってことです。

うしろのスプロケットを大きくするか、

前のを小さくすることで(エンジン側にあります)、自転車のあの状態になるわけです。

最高速度はやや下がるのですが、走りがきびきびした感じになります。

パワーが出ちゃった感じ。

ただ、アクセルに対してシビアに反応するようになるので、ギクシャクすると感じる場合もあります。

なので、ここは好みの問題かなと。

 

あ、そうだ!ヤマハTTR125のエンジン使ってるってことは・・・。

 
 
 
 
 
 
 
 

OTHER POST

Loading...