• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends

  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2018.09.25

CRF450L Motard #300 高山直人 インプレッション

プリント

 
 
■#300 高山直人 CRF450L Motard 試乗インプレッション

 

CRF450Lモタード仕様の試乗インプレッションレポの反響が大きいです。みなさんこのCRF450Lに注目のようですね!

 

で、試乗インプレの追記です。
ダートスポーツ誌11月号にも高山選手によるインプレッションと写真はあるのですが、ここでは別の角度からのインプレをまとめました。

 
 

●低トルクがある為、車重の重さは感じさせず、軽快なライディングが可能。
●フレーム変更によりレーサーベースに比べ高速コーナーでの安定性が増している。
●車両の重心がやや下にある為、アクセル開度時のトラクションが掛かり安定して加速出来る。
●従来の公道車両に比べ、ボディバランスがシャープに設計されており、よりレーシーかつスポーティーな仕上がりになっており、見た目のインパクトは強い。
●レーサーパーツ【CRF250R/450R】との互換性もあり、カスタム性も高い。
●林道やサーキットビギナーにも楽しく安全に扱える、国産中型マシン。
●サスペンションの振り幅がある為、オフロードからオンロードまでシーンに応じてセッティングが出来る!
●1速と2速だけで様々なシーンで遊べるマルチバイク!
●エンジンライフも長く、リターンライダーやサー志向にもお勧めです!

 
 

TakayamaCRF450L
▲サーキットも似合うCRF450Lモタード。by KRAZy
 
 

TakayamaCRF450L
▲R(ベースのレーサー)を雨のアスファルトで走らせるのがなかなか難しいです。レーサーですからパワーとトルクが暴力的で、路面を捕まえる前にブレイクするからです。ストリート用ではそのチューニングが大切かも。エンデューロマシンとモトクロスマシン、そしてモタードマシンそれぞれに高性能があるように、ストリート用の高性能があるように思います。by KRAZy
 
 

<追伸>
カスタムとカスタムパーツをしっかりと紹介や説明できる場所があれば、確実に売れるはず。
WRも生産中止になってるし、次はコレでしょ⁉️
このテスト時は、サスペンションは触ってないので、ノーマルでも振り幅があるはず!
WRの時は苦労したげと、CRFならベースがしっかり出来てるので容易にセッティング出来る!
しかも、●▲■○△□●▲●○▲○△■■○●なので、■▲■▲○■は容易になるし、▲■△●○▲○は広く使えるし、車体バランスも良くなる!(図形部分はマル秘部分。チャンスがあれば#300高山選手本人に聞いてみてくださーい 汗)
要するにお金をあまりかけずにモタード化が可能です。
あとはWRみたいに、それぞれが好きにカスタムしていけば、業界も潤っていくんじゃないかな・・・。

 
 

スーパーモトジャパンやFIMアジアスーパーモト選手権で活躍する#300高山ナオト選手のインプレでした。

 

「#300高山選手・・・?」スーパーモトやMOTO1になじみのない方はご存知ないかもなので、ちょっと紹介。
●日本のスーパーモタードの創設期より選手として活躍。●スーパーモトジャパンでは開幕ラウンド2連勝、アジア戦でも初参加で5位に入賞と日本を代表するスーパーモトライダーです。●日本だけではなく海外にもファンが多く、特に台湾には熱狂的なファンが多い。アジアスーパーモト選手権に参戦する海外の選手にも「高山選手のファンです」と公言する方も。●日本ではモタフレンズ(MotaFriends)というモタード遊びを気軽に楽しもうという活動をしています。

 
 

TakayamaCRF450L
▲奥に見えるのが高山選手の本番車、CRF45Rです。ゼッケンは300。
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之