• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.07.24

eMTB / モービルのトレーニングマシン

0

 
 

■eMTB / モービルのシーズンオフ時のトレーニングマシン-24.Jul.2020-
eMTB「チャオ、元気? 来ちゃったよ、こっちに♡」

 

SSV「あれ!?どーしたの!!?・・・TOKYOじゃないの?」

 

eMTB「TKKYさんが、スノーモビルのオフシーズン用のトレーニングにちょうどいいかも!
って、買ってくれたんだよ!

 
eMTBとはパワフルな電動アシストタイプマウンテンバイクのこと。国内のアシスト型とは違い、出力パワーが大きい。
SSVとはSide by Side Vhicleの略。走破性の高いアウトドアビークルをさす。トラックのようなタイプとバギーのようなタイプがある。

 
 

Fアップ

 
 

■7月日のeMTBとSSVレポートの続きです。

 

7月21日のeMTBとSSVレポートの続きです。21日のレポートはこちら。

↓   ↓   ↓   ↓
http://www.krazy-web.com/custom/e-mtbとssv%E3%80%82はじめまして!/

 
 

▼こんなかんじのレポートです。
見本

 
 

・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

 

eMTB「やっぱここはいいね!まるでファンティックのあるイタリアみたいだよ♬

ワインで乾杯したいところだね♬」

 

SSV「ビックリだよ・・・じゃ、ずっとこちにいられるの?」

 

eMTB「そーなんだ♬
どうやら、スノーモビルのトレーニングにサイコーらしいんだ。
ライディングが似てるんだって♡
てことで、こんなゲレンデを思い切り走れることになったっけわけさ!」

 
 

ssvと-Mtb

 
 

■モービルのトレーニングマシンにeMTB

 

TKKY(高喜屋)さんは新潟にあるスノーモビルやATVのショップです。

KRAZyが冬はモービルで、それ以外の季節にはATV遊びでお世話になってるのがこのTKKYさん。

そのTKKYさんがeMTBをトレーニングマシンとして購入したそうです。

 

その様子がTKKYの HPで紹介されています。eMTBの動画もありますよ。

↓   ↓   ↓   ↓
http://takakiya.com/news/fantic_emtb/?fbclid=IwAR3YcIaN-16I-rHSCEeszKcjL07ubcm_-GAwvTT14SsFFqOOBXFx22tO_yA

 
 

ssvと-Mtb
▲ギアとパワーコントロールボタンの2つで出力を上手くコントロールできます。ハンドルバーのグリップ横についているボタンで出力されるパワー量を4段階でコントロールできます。この写真の車輛はXF1 INTEGRA 160で、高出力のタイプ。最高出力のパワー4にするとかなりのパワーが得られます。

 
 

 
 

ssvと-Mtb
▲KRAZyコンドー的には、eMTBで山の中を(バックカントリーを)ロングツーリングしたいです。イメージとしては、キャンプ場を数珠つなぎで林道を旅するとか、阿賀野川に沿って新潟から福島会津にむかうとか(河川敷や林道などが走れる可能性が)、日本海をできるだけ海沿いに糸魚川から山形へロングツーリングとか。この海岸は国道8号、352号、402号などが海岸を沿ってるんだけど、そうじゃないところもある。国道や道が沿ってないところはビーチやビーチに近いところ(砂じゃないところもあるんです)を進む。できるなら京都あたりから日本海に沿ってそのまま秋田とかに行く、そんなロングツーリング。テントは重いので、宿泊とシュラフ野宿かなぁ(笑。なるべく人にあわなきゃコロナ問題も・・・(だめ?

 
 

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...