• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2018.06.19

JEC 2018 R2 R3 TOYAMA 2DAYS レースレポその3 / IB、W、NA 

1表紙3

 
 

■JEC 2018 R2 R3 富山2DAYS レースレポートその2 IB、WOMENS、NA。
 

アップに時間がかかってしまい、すいません。

できるだけ各選手の魅力や日本のエンデューロの魅力を伝えられたらいいなぁと思い、時間がかかっています・・・汗。

はい今回はIB、WOMENS、NAクラスのレポートになります。

 
 
 

ケンジコースガイド

 
■できるだけ多くの選手を紹介できたらいいなぁ、楽しそうだったりかっこよく表現できたら「やってみたいかも」って思う方も増えるかなぁ。

全日本エンデューロ選手権JECは誰のものなのか、なんてことを考えることがあります・・・。すいません、部外者なのにだいそれたことを考えてて(汗。

 

プロ野球やJリーグはファンやサポーターのものだと思います。全日本モトクロスのIAクラスや全日本ロードレースのJSB1000も、ファンのものだと思います。

 

JECはもしかしたら、参加している選手のみなさんのものなのかもしれないなぁ・・・と考えています※。

 

そういう意味ではKRAZyのこのJECのレポも、主には参加されている選手のみなさんのためのものなんだろうなと考えています※※。てことからできるだけ多くの選手を紹介したいと考えていました。特にIBより下のクラスは。

そういうのが参加のモチベーションになるって声もいただきました。また、ちょっとでもメディアに載るとうれしいですよっていう声もこのときいただいたのもあります。

 
※将来的には「観る・応援するという、やらないけどエンデューロに関心がある」というファンやサポーターのためのものになってほしいなぁと思っています。それはマーケットの拡大につながり、プロライダーの生まれるベースになるからです。これからの若い選手が、走ることで多少なりともお金を得ることができたらいいなぁと。
※※他のスポーツは観る応援する方々、つまり参加している選手のみなさんのためじゃなく、むしろやらない方々に向けて発信しています。

 
 
 

DID

▲走行の難しいセクションで、走り抜けやすいラインを選手に指示している#2鈴木ケンジ選手。今回はNAやNBやWOMENSや承認クラスが鈴木選手のIAクラスとは別時間の開催となり、自分のレースの終わった鈴木ケンジ選手がコース内に。中島タカノリ選手も一緒でした。「ここが簡単だよ」と教えてくれたラインは確かにカンタンみたいでした。自分もそういう経験があります。JNCCの前のシリースに出ていたとき、三橋選手が観戦に来てて「このラインなら簡単ですよ」とコース内で教えてくれたですよ。その通りに行ったら、毎ラップそこでスタックしてたのにすげー簡単に登れた!

 
 

たんぼ
▲レース中、コースのなかに入って走行の様子を確認するDIDの荒井さん。

 

 

 
 
 

■今年のIBは熾烈な戦い。R2 R3を征したのは地元の#94齋藤裕太郎選手+2st125。

#2しっかり加速
 

土曜のRound2、日曜のRound3ともに圧倒的なタイムでIBクラスを制したのは#94齋藤ユウタロウ選手でした。IAのところでも書きましたが2st125ccにはやや不利かも、といえるコースデザイン&コンディションのなかで、ほぼどのラップデモ1番タイムをたたき出しての勝利でした。

 

#2鈴木ケンジ選手のような豪快なライディングではないですが、しっかりとロスなくトラクションを掛けてマシンを前に前に運ぶライディング。すごくクールでかっこよかったです。

 
あ、齋藤選手のこのマシンはエンデューロ用2st125ccです(BETA RR2T 125)。
2stの小排気量ってトルクが薄いと、パワーをかえる前に一度空ぶかしやってからクラッチをつなぐことがありますよね。これってJエンデューロでもタイムロスですよね。このマシンもスタンダード状態からYZ125Xと同じかそれ以上に低回転からパワーもトクルも出ていますのでこういうのがあまり必要ない。あ、実は春に試乗させていただいています。レポはまだですが、近日中にアップします!
IBクラスで勝利する実力もありますが、初級の方でも乗れるような柔軟でふところのひろいバイクでした。とにかくコンパクト。

 
 

#2アクセル全開!
 
総合2位は#99保坂修一(ホサカ ヨシカズ)選手。Round2/2位、Round3/2位。44poit獲得でこのR3が終了時点もポイントリーダーキープです。2位は今回優勝の#94齋藤ユウタロウ選手、その差わずか1point。ポイント争いも熾烈です。
 
またレースでも#100飯塚ツバサ選手との熾烈な争いに勝ちました。
これからが期待です!!KRAZyは注目しまーす。
 
 
 
#153増田
 

総合3位は#73亀田卓大(カメダタカヒロ)選手。Round2/3位、Round3/7位。R1の広島は参戦していませんでしたが、この34pointでシリーズポイントランキングも6位に入りました。

 
 
 
#2アクセル全開!
 

DAY2で3位に入り、またDAY1でも2番タイムを3度も出し先の#99保坂選手と争ったのがこの#100飯塚ツバサ選手です。DAY1はノーポイントとなりますがDAY2は3位に入りました。Lap6では1番タイムも出しています。開幕では2位に入っていますし、今後が期待の選手です。
DAY1のRound2を落としているのでシリーズポイントランキングは4位に。

 

IBクラス面白いです、未来のスターがザクザクですよー。・・・今のうちにサインもらっておきたほうがいいかなぁ。

 
 
 

DID
▲BETA RR2T 125. R2-R3を勝利した#94齋藤選手の使用しているマシンがこれ。2st125ccの新しいベータです。春に試乗させていただいたんですが、レポがまだ・・・すいません!すごくいいですよ、コレ!!近日中にアップしますね。初級者にもいいですよ!※試乗はJNCC AA1の渡辺裕之選手にご協力いただきました。
 

 

 
 
 

■WOMENS、DAY1は#152近藤カオリ選手が、DAY2は太田ハルミ選手が初優勝。

#2アクセル全開!

 

DAY1は最終ラップのみ3番タイムですが、それ以外は1番タイムでそろえ優勝したのは#152近藤香織選手。
#152近藤カオリ選手のYZ125Xは、車高をかなり落としているようです。あまり身長が高くないのでそれをカバーするためのようです。このアシはこれきっと多くの方々にとっても参考になるですよね・・・。

 
 
 
 

ケンジ

 

DAY2で初勝利をあげた#155太田晴美選手。大坂の吉川選手のもと徹底的に鍛えたそうです。おめでとうございます!Lap4のみ2番タイム、それ以外はすべて1番タイムでまとめました!

 
 
 
 

ケンジ

 

#153は増田まみ選手。スーパーモトを知っているかたならJAWS増田選手を知っていますよね。妹さんです。てか、全日本モトクロスレディースクラスの元チャンピオン、てか初代チャンピオンです。MTBでもチャンピオンになっています。
今年は85cで戦うんですね。DAY1/2位 DAY2/3位でした。

 
 
 
 

ケンジ

 

#154は菅原聖子選手。DAY1はコースアウトし崖下にマシンを落とすのですが、運良く下の池までは落ちず復帰。しかし最後はマシントラブル。でもあきらめずにアイドリングの状態でマシンを押して戻って来たようです!すごいです。かなりの登りもあります!歩いてもそれなりに体力を使うんですが、あきらめずに戻ってきたのは本当にすごいです。
KRAZyで何か賞を出せるならこの菅原選手に出したい。てかこういうひとになりたいです!

 

WOMENSはこの4人ですべて・・ちょっと少ない。このJECは乗るスキルだけじゃなく、整備能力なども問われるので他にくらべ幅の広いスキルが必要。だからこそ速さだけでは勝てない魅力も。

 

モタード始めたときや、またもうずいぶん前だけどエンデューロを始めたときも同じなんだけど、幅広いスキルが必要ってことは誰でも勝つチャンスが生まれるってこと。モトクロスでは遅くても、エンデューロでなら上位に入れる、ロードレースでは遅くともモタードなら・・・なんて具合です。幅広いスキルって難しいと言えば難しいけど、チャンスもあるってことかなぁ、なんて感じてました。勝つことがすべてじゃないけど、まぁうれしいし、始めるモチベーションにはなるですよね。

 

それにね、WOMENSってかっこいいじゃないすか!タフな女性ってかっこいいと思うんです。いかがですか?
話がそれるけど、エイリアンて映画のなかであの兵隊で一番デカく重い武器を使っているのが女性なんですよね。あ、こういう性格づけかっこいいなぁって思いました。強くタフな女性!ってかっこいいなぁって。それまでこういう数人の主人公がいてそのなかの女性ってアカレンジャー的に性格づけされることが多かった。時代が次にむかっている、って感じた記憶があります。(全日本モトクロスのレディースクラスのみなさん、いかがですか・・・?JECのこのオンタイム制はじつはスプリントな走りが要求されます、きっと面白いですよ。ルールが難しいって印象あるけど、やってみると意外とカンタン)

 
 

新緑

 
 
 
 
 

■NAクラス、勝ったのは#201中島卓裕選手!
#73亀田
 

DAY1/勝利、DAY2も勝利し、総合優勝したのは#201中島卓裕選手(ナカジマ タカヒロ)でした。
おめでとうございまーす!

 

NAは少し多めに紹介させていただきます。
と言っても写真と順位だけですが(汗。

 
 
 

#73亀田

 

DAY1/2位、DAY2は7位で総合2位に入ったのは増田健太選手でした。

 
 
 
 

#201中島2

 

総合3位は#239菅谷栄美選手(スガヤ マサミ)。DAY1/5位 DAY2/3位。

 
 
 
 
 

#73亀田

 

総合4位は#207今野保幸選手。DAY1/3位 DAY2/5位。

 
 
 
 
#73亀田

 

総合5位は#204橋口元選手。DAY1/9位、ですがDAY2はなんと2位に!

 
 
 
 

#73亀田

 

総合6位は春日琢磨選手。DAY1/6位、DAY2/4位。

 
 
 
 

#73亀田

 

総合7位は松井航選手。DAY1/4位、DAY2/6位。

 

と言っても、総合2位と7位の差はわずか3pointなんですよね。とても僅差なんです。
わずか1ラップでも、タイムを落とすと一気に順位がさがる。速いってことも重要ですけどミスをしないってことも重要・・・つまりルートである移動区間であまり体力を使わないってこと?つまり、基本技術が重要ってことなのかな。

 
 
 
DID
▲あの動画の撮影の様子です。日高2DAYSの動画も見たいなぁ。日高は絵になるものも多いから期待します。(日高はKRAZyは行けません、そういう意味でも見たい!日高は絵になるしね)。
 
 

次回はNBと承認クラスです。

 
 
■レース写真は販売しています。
3カットで5000円(税込)となります。
ここにアップしている写真のように大会名とお名前なども入れデザインした写真データになります。
オリジナルカットも一緒にお渡しします。
メールかDVDに入れてお送りします。
(デザインした写真は、オリジナル写真をトリミングしている場合があります)
 
ここに紹介していない方のもあります。気軽にお問い合わせください。
kondo@kondo-design.jp

 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之

OTHER POST

Loading...