• RSS TAKAKIYA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2018.06.20

JEC 2018 R2 R3 TOYAMA 2DAYS レースレポその4 / NB、承認クラス 

1表紙3

 
 

■JEC 2018 R2 R3 TOYAMA 2DAYS レースレポその4 / NB、承認クラス

 

JEC Japan Enduro Championship / MFJ全日本エンデューロ選手権2018 Round2 Round3のレポートその4です。
NBクラスと承認Bと承認Cクラスです。最も身近かなクラスになります。
このJECはMFJのエンデューロレースのライセンスさえ取得すれば参戦でき、まずこのNBクラスからの参戦となり、ポイントを重ねることで階級を上がって行き、最後はIAクラスとなります。※。
他のクラスについては、このレポの前にその1、その2、その3があります。

 

※ライセンス取得には試験などはありません。申し込めば基本的には取得できます。有料です。ルールや車両の規則などの書かれた本、ライセンスがとどきます。二輪のすべてのジャンルの基本的なルールはここにすべて書かれています。かなり読み応えありますよ。JSB1000の車両についてとか、トライアルでの一時停止についてなどもわかります。かなりオトクです。
クラスは、NB(National-B)→NA→IB(International-B)→IAとなります。

 
 
 
吉川コーチ

 

Round2 Round3は、富山市の南方にあるコスモスポーツランドというMXコースとその周囲の山を使ったコースとなりました。

5月26日(土)と27日(日)の2日間にわたっての開催です。

 

梅雨が近づいていましが、両日ともに雨もふらずやや高温な天候となりました。コースは完全なドライです。そのため、全体に高速なレースとなりました。

 

コースは全域にこぶし大程度からやや小さなガレキのような石が浮いています。ときには写真のように大きな石が土のなかに隠れていることも。これにタイヤをヒットさせると、クラッシュやコースアウトなどの大きなダメージとなります。IAでもコースアウトや大きなクラッシュがありました。

 

コースはドライ、なので見た目は容易そうなのですが、それがなかなか。

 
 

チャンピオン釘村
▲WOMENSクラスのDAY2 Round3で初勝利をあげた#155太田晴美選手を鍛えたのがこの吉川選手です。努力は報われるんですね! がんばろ

 
 
 
 

コースの石
▲今回は午前はIA、IBが走り、午後はWOMENS、NA、NB、承認クラスが走るという変則的な開催。そのため、午前のIA、IBのレースを観戦する方も多くいました。トッップの選手の走りを見て観察することも楽しいですが、これから走るための参考にもなるようでした。

 
 
 
 

たんぼ
▲IBでR2 R3で大活躍した#94齋藤ユウタロウ選手(当然左ww)。「あ、男性の方は必要ないですー。おとなりの素敵なお嬢様だけ撮らせてくださーい♡」って言った瞬間の2人・・・ww。トップライダーがこんなに身近かなのもこのJECの魅力かも。普通にお話できちゃいます。

 
 
 
 

■National B クラス、勝ったのは#377渡辺ホマレ選手。

#207今野

 

DAY1のRound2、DAY2のRoumd3ともに勝ちこの2日間の総合優勝を決めたのは#377渡辺誉(ワタナベ ホマレ)選手でした。DAY1はすべてのラップで1番タイムをそろえ、DAY2もLap4以外は1番タイムをそろえました。NAを超えるタイムでの優勝です。

 

こういうのはNAをとばして、いきなりIB昇格・・・?

 
 
 
 
401岩本

 

DAY1/3位、DAY2/2位で42pointとなり総合2位となったのは#401岩本徳雄(イワモト ノリオ)選手。ポイントランキングもいきなりの3位に入りました。

 
 
 
 
317渡辺

 

DAY1/2位、DAY2/3位、合計42pointで3位となった青木孝平選手。#401岩本選手と同ポイントですが、上位の結果が後のほうが上というルールから3位となりました。※#401岩本選手は2位が2日目、青木選手は1日目。なので#401岩本選手が上位となりました。

 
 
 
 
#2アクセル全開!

 

DAY1/4位、DAY2/4位で4位となったのは#323尾崎豊選手でした。シリーズポイントランキングも3位キープです。

 
 
 
 

382田中

 

DAY1/5位、DAY2/6位、総合5位となったのは田村公邦(タムラ マサクニ)選手。シリーズポイントランキングも6位に入りました。

 
 
 
 

382田中

 

総合6位は片倉尚輝選手。DAY1/7位、DAY2/7位、シリーズポイントランキングも8位に。

 
 
 
 

377わたなべほまれ
▲2017年チャンピオン#1釘村タダシ選手。ホンダの看板を背負って走ります。先日HONDAからCRF250Rの新型が数多く発表されましたが、いつからになるんでしょうか。早く見たいですね!

 

 
 
 
 

382田中

 

■承認Bクラスは#521百野貴裕(ヒャクノ タカヒロ)選手。

#521百野タカヒロ選手はDAY2のみの参加でした。またこのクラスはひとり。おつかれさまでしたー!

 

つーか、ヒャクノって名字はめずらしいですよね・・・!

 
 
 
 

377わたなべほまれ
 

■承認Cクラス

#606佐竹竜昇(サタケ リュウショウ)選手はDAY2のRound3みの参加、DAY2は1位。
 
 
 
 
377わたなべほまれ
 

#604鈴木功選手はDAY2のRound3みの参加、DAY2は2位となりました。
 
 
 
 
377わたなべほまれ
 

DAY1は#604渡辺一信(ワタナベ カツノブ)選手のみの参加。DAY2は3位。
 
富山2DAYS ENDUROはいかがでしたでしょうか。
 
 
 
 
チャンピオン釘村
 
 

■レース写真は販売しています。
3カットで5000円(税込)となります。
ここにアップしている写真のように大会名とお名前なども入れデザインした写真データになります。
オリジナルカットも一緒にお渡しします。
メールかDVDに入れてお送りします。
(デザインした写真は、オリジナル写真をトリミングしている場合があります)
 
ここに紹介していない方のもあります。気軽にお問い合わせください。
kondo@kondo-design.jp
 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之

OTHER POST

Loading...