• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2021.12.02

JEC 2021FINAL/村田 SUGO 2DAYS ENDURO・・・説明ばかりでつまらない

SPRINT 表紙

 
 

■Japan Enduro Championship/JEC 2021 FINAL Rd.5-6
村田 SUGO 2DAYS ENDURO「SPRINT RACE FOR 2DAYS」・・・だけど、説明ばかりでつまらない、書き直します!汗
-02.Dec.2021- 

11月20-21日宮城県村田町にあるスポーツランドSUGOで、Japan Enduro Championship / JEC 2021 FINALが開催されました。
このレースはオンタイム制と呼ばれるエンデューロ。2日間にわたって開催されました。これが2021年の最終戦となり2021年のチャンピオンをかけて戦われます。

 
 

#7タイトル大坂1

 
 

■エンデューロ?スプリント?

 

MFJ全日本エンデューロ選手権/Japan Enduro Championshipですからエンデューロレースなんですが、実はスプリントレースという側面があります。1ラップに3つのタイムアタックセクションが設けられています。
DAY1は5ラップ、DAY2は4ラップ、そしてその最後にはファイナルクロスというモトクロスコースで行われるタイムアタックが行われます。
※DAY1のオープニングラップはタイム計測は行われません。計測はLap2から

 
 

#1顔
#1釘村忠選手 2020年のチャンピオン。北海道ルスツで行われたレースに参加できなかったことでチャンピオンの可能性は無くなっています。

 

■2日間で25回のスプリント

 

つまり、DAY1は4ラップ×3スプリント、DAY2も4ラップ×3スプリント+ファイナルクロス=合計25回のタイムアタックセクションを走るわけです。
そのタイムアタックはコンマ数秒の戦いです、いわばスプリントレース。

※1ラップの中に、エンデューロテスト、クロステスト、エクストリームテスト区間が用意されています。それぞれコースの特徴があり、違うスキルが要求されます。

 

#1x
クロステスト区間を攻める#1釘村タダシ。コンマ数秒を削る走りが要求されます。的確で正確なライディングが求められます。

 

■若き2人によるチャンピオン争い
 

今回のレースの注目は若き2人によるチャンピオン争いです。北海道で2勝をあげた#7飯塚翼と、#3保坂修一(ヨシカズ)の2人です。
当然#7飯塚が有利ですが、わずかなタイム差の蓄積が勝敗を分けます。また、初日でマシンを壊してしまえば2日目は戦えません。
※レースは1日目、2日目とそれぞれで勝敗が決まります。その合計ポイントでチャンピオンが決定します。また修理の時間も限定されています。整備も本人が全ておこなう必要があります。

 
 

#7顔2
#7の飯塚翼選手。無口で穏やかな選手です。知らなければレースをやってるとは到底思えない。チャンピオンのかかったDAY2の朝、いつものように過ごす#7ツバサ選手。昨年、DAY1でフレームを損傷させてしまい、その修理がタイムリミットにわずかに間に合わずDAY2を走れていません。その苦い思いがきっとあるはず。

 

と、ここまで書いたんだけど、なんか違うなぁ。
JECに関心の無い方にこの魅力を届けようと思ったんだけど、説明ばかりで長い・・・。
そもそもレースレポってKRAZyの中でも人気がない。説明モードでテキストにしたら、読みたい人しか読まないかなぁ。

 

なので書き換えます!すいません。工夫します。

 
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之/KONDO design

OTHER POST

Loading...