• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2017.06.26

JEC R2 富山 IA #7太田ユキヒト レースレポ

プリント

 
 
■JEC 2017 R2 富山 IA #7太田ユキヒト レースレポート
 
太田選手からレースレポートがとどきましたぁー。
太田って言ってもマサナリ選手じゃないです、その弟の幸仁選手です。
あ、ユキヒトって読みます。
IBのころから、KRAZyや MULTIPREX などに協力してもらっています。
 
若いころにはイタリアでエンデューロの修行に行ったり(だからイタリア語ペラペラ)
2013年にはISDEに父と兄と3人で挑戦したり(シルバーメダル!)
と活躍。
 
がその後、病にかかり、その病を持ちつつも再びエンデューロに挑戦しています。
昨年は北海道日高で初勝利も!
(かなりきつい病なんだけど、それを持ったまま優勝はすごい!本当にスゴイと思います。
 このところテレビでは、ガンと戦って云々という元女性アナウンサーの方が話題ですが、
 バイクスポーツの身近かなところにもこんなすごいアスリートがいるんですよね・・・)

 

ではレポートを

 
 

ユキレポR2-2017
 
 
2017JEC R2 富山大会に参戦してきました。

■結果
太田幸仁 IAクラス #7
9位
年間ランキング 13位
写真提供 しみちゃん
 
 いつもご支援有難うございます。4月に転職し研修続きであまり練習ができず調整不足だった事と、レース2日前が治療の日と言う事で万全とは言えない状況での参戦となってしまいました。
 レース当日は天候も良く、ドライでハードパック、ハイスピードなテストでした。最初からペースを上げていこうと思いましたが、ハイスピードのテストに身体を上手く動かせれなく苦戦しました。
 その後、徐々に身体が動き出してきましたが後半は疲労と病気により首と背中と腰に炎症が出てきてしまいました。そして終盤には左足が痺れてきて納得いくようなアタックができませんでした。
 僕にとっての2017年の初戦でしたので最後までベストを尽くして走りました。結果は9位でしたが、今の実力がはっきり出たんだと思います。次戦は9月に日高2Daysです。それまでにしっかりと走り込み仕上げたいと思います!
 
ご支援ご協力本当にありがとうございました。
 
 
 
ユキレポR2-2017
写真はすべてしみちゃんです。
 
 

#7太田ユキヒト選手にとってこのRound2が2017年JECの初レース。
次戦は日高2DAYSになるそう。無理はせずに続けていってほしいです! なんか、すごーく元気がもらえます。

 

 選手の応援とかしてみるのはいかがですか・・・。
 日本の二輪スポーツのほとんどは、トップクラスであっても完全なプロではありません。他で仕事をしながら戦っています。
 彼らの参戦は、僕ら一般バイクファンやサンデーライダーにとってもすごく意味があると思います。エンデューロ界で実例を出すなら、鈴木健二選手がわかりやすいでしょうか。僕らに、ものすごく多くのことを提供してくれました。

 

 鈴木選手はモトクロスのトップクラスからエンデューロの世界にやってきて、技術的にもココロがまえ的にも、また華やかさという点(メジャー感?)でも、1ランクも2ランクも上げてくれたと思います。それまではいい意味でサンデーライダー文化だったエンデューロを、日本を代表する文化にひっぱりあげてくれました。今のJNCCやJECの成功も、鈴木ケンジ選手が果たした役割は本当に大きいと思います(他にも大勢の方がいますけど)。

 

 そういう理由から『選手達をちょっと支えてみる』ってのはいかがですか。
 年間に5000円でもいいと思うんです。選手の何かを買うってことでもいいと思います。100人のサポーターがいたら、5000円×100人=500,000円! ね、すごい金額でしょ。これだけでも選手は助かります。遠征費も出るし、消耗部品代金も助かる。

 

 と言ってもね・・・一般の僕らが選手をサポートする仕組みって今はないですけど・・・。
 個人的には、こういうシステムが出来たらいいなぁと思っています。

 

 選手が自分でサポートを探すって、実はなかなか難しいんですよね。
 自分で自分の価値をアピールすることになるし、スポーツの世界はいまだに精神的なことが重要視され現実的な話(お金の話で交渉)をしづらい・・・ひどい場合には精神論を振りかざし怒っちゃうひともいる。
 でも他者がアピールするのは、聞いてるほうも耳に入りやすいですよね。

 

今回のユキ選手のこともそう・・・ 本人からは言いにくいけど、第3者のボクは書きやすいです。

 
 
 
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に8〜10回、販売形態は通販です。現在販売中。7月5日まで
KRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之

 

OTHER POST

Loading...