• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2017.06.14

KRAZyは生まれ変わります。

krazyはアパレルに2

 
 
KRAZyはアパレルブランドに変わります。
が、活動内容は今までと同じだし活動目的も同じですけど(笑。
 
今までの
 『情報メディアがアパレルを販売している』
   ↓     ↓     ↓
 『アパレルブランドでありデザインを販売する、そこが情報も発信する|
に変わります。

 
 

「KRAZy(クレイジー)って何なのかって説明はムズカシい。
 扱っている情報ジャンルもモタードやエンデューロやモトクロスにD1などとバラバラだし、
 てか、情報発信だけじゃなく、Tシャツやグッズも販売してるし、
 と思ったらレースのプログラム作ったり他のところのアパレルデザインしたり・・・
 なんだろう?上手く説明できないなぁ」

 

↑こんな声をよく聞きます・・・これって、つまり理解しにくいってことでもありますよね。

 

理解しきれないのはいいことでもあるはずなんだと思うんですけど、
もう少し、わかりやすいカタチになったほうがいいかな、と考えました。

 

で思い至ったのが、今とは逆の在り方。

 
 
 

手に触れる商品の販売をメインに行ないながら情報の発信も行なう、
というスタイル。これなら理解しやすいですよね。

 

Troy Lee Designや パタゴニア、Red Bullなどがそうです。
この3つもそうなんだけど、共通しているのは「デザイン」です。

 
 
 

生まれ変わると言っても、やることは同じです!先ほども書きましたが。
比率は多少変わるかもしれませんが、
ビジュアルや文字で発信するのか、グッズで発信するのかの違いなだけです。

 

ウェブという電波とモニターのメディアか、
 手で触れる紙か、
  Tシャツやキャップという身につける物体か
の違いがあるだけかなと。

 
 
ボディ
 
 
ってなわけで、新作も発表します
まだテスト中なんですよねー。
少々お待ちくださぁい。
 
 
 
 
 
 
 
 

クレイジーって言われるくらいがちょうどいいのかも、って思っています。
個性って、言い換えれば少数派、てかマイナーということ。
マイナーであること、周囲と違っていること
で引け目を感じることはないと思うんです
けど、多くの方々にその個性に対して理解をもらうことは必要だと思う。
多数派になろうとして空気読んだりする必要はない・・・。
空気を読むくらいなら、相手のココロのなかを想像して
共感することのほうが大切かなぁって。
Be KRAZy

 
※KRAZYはCRAZYのスラング表記です