• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.03.25

KRAZy Goods 通販 (1) アウター類 3/25~4/3.2020

プリント
 
 

■KRAZy Goods 通販 (1) アウター類 3/25~4/3.2020

KRAZy GODDS の販売を始めます♬このページはアウター類になります。

 

購入申し込み期間は2020年 3月25日(水)夜8時から、4月3日(金)午後3時までとなります。

お申し込みはこの期間内でおねがいします。

この期間前のお申し込みは受付けませんのでよろしくおねがいします、すいません(汗。

 

今回も女性と若い方々(19歳以下)は10%の値引きとさせていただきます。ご自分の購入分に限らせていただきます※。
女性や若い方々にバイクやモービルなどのライド系スポーツや遊びに興味を持っていただけたらと考え値引きさせていただきます。♬

また、スーパーモトジャパン(エリア含む)、JEC(エリア含む)、東日本スーパーエンデューロ(SE-E)に参加する女性選手は50%引きとさせていただきます※2。

 
※19歳も含まれます。お申し込みの際、申告してください。証明する必要はありません。とーぜんなんですが「彼氏の分」という場合はこの対象にはなりません、すいません(苦笑。でも「息子の分」「娘の分」はOKです。10歳のお子さんに支払い能力はないですからね・・・

 

※2 1回の購入総額は10,000円(税込)以下とさせてください。年間総額は50,000円(支払い金額で。税込)以下です。なので、実質それぞれ20,000円、100,000円となります。これを超える分は正規の金額とさせてください。

 

2000円以上ご購入の方には先日発行した無料マガジンKRAZy 2020 Vol.23がついてきます♬

アイテムへの質問は申し込み期間前でもOKです♬

このページはアウター類です。パーカ類、キャップ、バッグ、ステッカー類は他のページになります。

 

※KRAZy Goodsの販売は通常は奇数月の月末の10日間です。1月、3月、5月、7月、9月、11月の23-27日くらいからの10日間になります。
お申し込みを販売期間内に限定しているのは、クルーの人数が少なく対応しきれないことと、各アイテムは少量生産のため数時間で売り切れることがあります。このとき早く申し込んだ方が有利となることを避けるためです。少量生産の理由は売れ残りを出さないためです。売れ残りが多く出ると、やはり価格に反映させざるを得なくなります。

 
 

■1)Hard Shell Jacket / Navy, Black / ¥9200(tax in)

HSJネイビーB

 

HSJネイビー

 

●デザイン
これは今年の春に発表したアウターです。フード付きのアウタージャケットになります。写真上はネイビーで、下がブラックです。
生地はかなり厚め、風をシャットアウト、防水性も多少はあります。裏地がないので防寒には使えそうにないですが、暖かいです。また、意外のも梅雨どきでも使えました。あまり蒸さなかった。初夏から夏は暑くてだめですが。
僕は、オフロードの身体が暖まるまでや、先日の雨の日野ハードエンデューロの取材時に使いました。ブッシュの枝にひっかかっても破れません。
なおかつストリートでも意外と似合います。
発売時はあまり売れなかったんですが、その後実物を見た方には大好評。つまり「写真じゃよくわからない。でも実物はいい」と言われてしまったモノです(汗。価格が変わりました。細部がちょっと進化。耐水をややアップしました。
日野ハードエンデューロRd.5と6で#2山本選手や#18中野選手が着ていたのがこれです。
SMJ最終戦でもチームモタフレンズの#300高山選手や#101佐々木選手がこれを着ていました。
全員Lです。#101佐々木選手や#18中野選手はMサイズでもOKかも。

 

●カラー
ネイビーとブラックがあります。写真上はネイビー、下がブラックです。

 

●サイズ
サイズはSからXLまで 。
S-size:モデルさんが着用しているのはSサイズ。身長約160cmでかなり細身。
M-size:167cm以下の中肉中背の男性ならMかと思います。
    170cm体重60キロの自分も着ることはできます。ややピタピタ。
    ネイビーMサイズが売り切れました。ありがとうございます。
L-size:170cm体重60キロの自分はLを着ています。
XL-size:178cm以上の方や太めの方はXLをおすすめします。ネイビーのXLが売り切れました。

 

HSJ実寸

 

●価格
9200円(税込)となります。

 

●購入方法
下をご覧ください(メールアドレスがかわりました)

 
 
 

■1)Coach Jacket Nylon / Cement, Black / ¥5800(tax in)

プリント
color:Cement

 

CJ黒
color:Cement

 

プリント
color:black

 

●デザイン
これは定番のナイロン製のウィンドブレーカーです。このカタチは通称コーチジャケットと呼ばれています。アメロカンフットボールやスケボの方々がよく使うタイプです。非常に薄く、そのため折り畳うと小さくなります。いざというときのために持ち歩く、もしくはクルマに入れておく、という方も多いようです。自分は取材時にもよく使います。また、バイクの練習などで、身体が暖まるまで着用することもあります。

 

●カラー
セメントとブラックがあります。

 

●サイズ
サイズはSからXLまで 。
S-size:モデルさんが着用しているのがSサイズです。主に女性向け。モデルは身長160cmちょい。
M-size:167cm以下の中肉中背の男性ならMかと思います。
    170cm体重60キロの自分も着ることはできます。ややピタピタ。
L-size:170cm体重60キロの自分はLを着ています。
XL-size:178cm以上の方や太めの方はXLをおすすめします。

 

CJナイロン実寸
 

●価格
5800円(税込)となります。

 
 
 

■購入方法 / 販売期間2020年3月25日20:00 〜 4月3日15:00
購入申し込みはメールでお願いします。メールアドレスが変わりました。
kondo@krazy-web.com
メールの件名は 「グッズ購入 (氏名)」 と記入して、送信をお願いします。
 例:「グッズ購入 近藤」とか「グッズ購入 鈴木」←つまりこんなかんじ。

 

1:商品名(今回はKRAZy Sweat Teeとか KRZ Teeとか)、 2:色、 3:サイズ、 4:枚数、 5:合計金額、 6:名前、 7:郵便番号とご住所、 8:電話番号、そして
9:雑誌KRAZyやKRAZyWebMagazineやグッズへのご意見ご希望もお願いします。何でもいいのでぜひおねがいします。「あの記事はよかったから連載して!」「こんな企画はどうすか?」とか何でも。

 

ひとつお願いがあります。
申し込みメールにすぐには返信ができそうもないということです。
返信に1-3日かかります、すいません。(3日待っても確認の返信が無い場合は、最初のメールがいつなのかも含め再度メールをお願いします。もしくは電話をください。090-4930-0128)

 

商品の発送ですが3月末から4月上旬となります、少々おまちください。

 

袋に入っている紙の裏にKRZの印が押してあります。これを10個集めるとグッズがもらえます(毎回変わります)。紙によっては2個、3個、または8個などの印があります。8個の印が押してあれば後2つ集めればよいということです。また印の無い場合は、その紙1枚が印1個とします。
10個集めてKRAZyグッズをゲットしちゃいましょう。あ、10個集った方はメールくださ〜い。

 

お申し込みの後、こちらから返信メールが送信されます。
その後、メール内の銀行口座にその合計金額を振り込んでください。
振り込みの名前と申し込みの名前は同じでお願いします(確認のためです)。入金を確認後発送します。佐川急便などの宅急便等にて発送します。
発送料はかかりません。
合計金額が10,000円以上の場合は、KRAZy Familyのステッカーシートが1枚つきます。このステッカーは非売品です。
サイズの交換は可能ですが、そちらからの送料はご負担ください。
サイズでわからないことがあったらお気軽にメールくださ〜い。身長体重がわかれば、サイズのご提案も具体的にできます。

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。