• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends

  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2018.10.03

SMJ R7 美浜 / レース写真の申し込み受けつけてます。すごいプレゼントは今回も!

プリント

 
 

■スーパーモトジャパンR7美浜 / レース中のかっこいい写真はいかがですか。すごいオマケもついてます

 

今月13-14日は愛知県知多半島美浜サーキットでSupermoto Japan R7が開催されます。

KRAZyもいつものように取材に行きまーす。

全日本クラスに加え、今回もエリアクラスも取材させていただきます!!

スーパーモトのスポーツとしての魅力を伝え、

「やってみたい!」とか「本物を見に行ってみたいなぁ」とか、

思っていただけたらと思っています。

 

今回もレースの写真を販売しまーす。

選手やチームの皆様、撮影のお申し込み受け付けております!!

facebookのメッセージか、kondo@kondo-design.jpまで

事前の申し込み締め切りは10月12日金曜の1200時までとさせていただきます。

1クラス3名までとさせてくださーい。

 

申し込まれた皆様には MOTO1 BOOK 2005がもれなくついてきます。

全日本スーパーモタード選手権MOTO1が2005年に始まりました。

この年のMOTO1をまとめた本がこのMOTO1 BOOK 2005。

当時はDVDもついてファイルに入れて2500円で販売されていましが

今回はDVDとファイルがありません。すいません!

本の内容は下に写真で紹介。

 
 

KRAZyは情報を無料で発信しています。
それは、未来のファンつまり今はまだ深く興味はないがちょっとは興味あるという方々に向けているから。
お金を払ってまでそのことを知りたいとは思っていない方々にむけているからです。
 
そのため、取材した内容がお金を生むにことはありません。
できればこの撮影で活動費をまかなえたらと考えています。
よろしくお願いします。

 
 
 
名称未設定-3

 
 

■レース写真撮影申し込みについて

 

●このKRAZy Web Magazineで掲載しているような

 大会名と選手名をいれ、デザイン加工した写真になります。

●写真は3点です。

●同時に、その3点のデザイン加工以前のオリジナル写真データもお渡しできます。

 多くの場合は、このオリジナル写真データは3点以上になると思います。

 多数の写真から選んだカットをデザイン加工しているため、
 使わなかったカットもあるからです。

●すべてデータとなります※。

●以上で5,000円(税込)となります。

 

事前の申し込み締め切りは12日金曜日お昼の1200時まで。

 
 

●※プリントも受け付けております。
A4大のパネルに加工したものになります。
費用は1点につき1500円追加となります。
パネル加工、梱包、発送費なども含まれています。
すいません、今まではプラス1000円だったのですが
発送費の値上げがあって、プラス1500円とさせていただきました・・・。

 
 

名称未設定-1
▲右がオリジナル写真データです。それに大会名やお名前をいれ、トリミングして仕上げたのが左になります。写真をトリミングするなどデザインすることで、そのライディングの魅力を整理し、強調します。

 
 
 

名称未設定-1
▲右がオリジナル写真データです。それに大会名やお名前をいれ、トリミングして仕上げたのが左になります。

 
 

エリア#82

 
 

エリア#216新沼2

 
 

op#9松村ヨコ

 
 

スポンサー様への提出用や、記念にいかがですかー。
KRAZyのレース取材とスーパーモトのPR活動にご協力おねがいしまーす!

 
 

プリント
▲これがMOTO1 BOOK 2005です。100ページを超えるビジュアルブックです。モトライダーFORCEと博報堂の協力によって生まれました。レースだけじゃなく、スーパーモタードの説明やモタードマシンの紹介やレースのスナップショット、ライダーによるモタードの勧めなどのエッセイもありました。ぶっちゃけかなりの手間をかけました(汗。

 
 

プリント
▲現チャンピオンの森田イッキ選手です。DR-Z400SMの広告のライダーは森田選手です。

 
 

プリント
▲東京お台場(船の科学館前のあの場所)で開催されていたマルチプレックスでもMOTO1は行なわれていました。ここではコースの周囲はすべて観客席。各チームのパドックは奥にありました。お客様優先という考えです。

 
 

イッキ
▲ビルを背景に飛ぶライダー。レースであるけれど、見るお客様のためでもあるのでエンターテイメント性も大切にされていました(逆に言うとコースデザインもお客様優先だったので、ライダーはかなりの腕が必要でした・・・)

 
 

イッキ
▲増田智義選手他によるスーパーモタードスポーツの勧めも。

 
 

イッキ
▲モタードがまだまだ知られていなかったこの頃、とにかくモタードに興味持ってもらおうとマシンもかっこ良く撮ろうと努力しました(汗。

 
 

イッキ
▲当時はお客様が会場で楽しんでいただくためにオリジナルグッズも販売していました。

 
 
 

スーパーモトスポーツの魅力を
ひとりでも多くの方々に届けたいと考えています。
そのために無料情報にこだわっています。
KRAZyはバイクに乗るひとやレースっをやるひとだけじゃなく
「ファン」や「サポーター」を増やすことを目的に活動しています。
妊婦さんもお子さんもおばあちゃんも、
バイクに乗れない方々も仲間になれたらいいなぁと
考えています。
AMAや海外のレースが人気なのは
レースをやらない方にも共感できるようになっているからです。
日本では大相撲や、また音楽の世界も同じ仕組みになっています。
音楽をやらないひとも聴く応援するなどで巻き込み、
結果的にやるひとが増え、楽器メーカーなど
音楽業界が盛り上がるようになっています。
ポイントは「やらないひとも仲間だ」と考えることだったりします。
(KRAZyの母体であるKONDOdesignの広告仕事では当たり前のことなんですよ。やってるひとじゃないと仲間じゃないと考えることは世界を狭くする危険性があります。)

 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之

OTHER POST

Loading...