• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2019.05.07

Supermoto Japan 19 マシン紹介 / スライドマシン

#1A
 
 

■#2 Arai Makoto / Husqvarna FS450 / CP sports Husqvarna Nagano

 

#2 新井 誠 / Arai Makoto
Machine:Husqvarna FS450 2018
Team:CP sports Husqvarna 長野

 

EGオイル: LIQUI MOLY
EGチューン:特に無し
タイヤ:BRIDGESTONE
ホイール:HAAN
サスペンンション
 F:KYB
 R:KYB
ブレーキシステム
 F:マスターシリンダー:NISIN
   キャリパー:ノーマル
   ローター:ブレンボ(イタリアンハスクのノーマルディスク)
 R:マスターシリンダー:ノーマル
   キャリパー:ノーマル
   ローター:ノーマル
排気系:ノーマル
ハンドルバー:MIKA Metals
レバー類:ノーマル
シート:Enjoy MFG
チェーン:DID 520ERVT
スプロケット:Moto-Master
クラッチ:ノーマル
ミッション: ノーマル
ガード類
ハンドガード CYCRA C.R.Mハンドガード
エンジンガード CPsportsオリジナル
デカール等:Kazushi Matsumoto

 
 

#1A
車体写真はすべてLIQUI MOLYのスポンサーがつく前のものです。2019年4月撮影

 
 

ヘルメット:KYT
ツナギ:GINEUS
ゴーグル:SWANS
グローブ:GINEUS
ブーツ: GAERNE
プロテクター:
アンダーウェア:
 ヘルメットペイント:
スポンサー:
 GINEUS
 KYB
 BRIDGESTONE
 moto禅
 KYT
 DID
 LIQUI MOLY
 Kazushi Matsumoto
 MotardBikeNow
 スポーツマッサージ Nazoo

 

マシン造りの注意点
マコト専用に作っています。

 
 

新井選手はスライドを多用するライディングが特徴です。ただし前に前に車体を運ぶスライドのため、横に車体が流れることが無駄になっていないようです。
マシンは人気のFS450ですが思いのほかスタンダードのままというのが驚きです。サイレンサーすら換えていません。KYBのサスというのはかなりスペシャルですが。「(ストリートで)ハスクなどの海外バイクに乗っているのは、目立ちたいからなんじゃないの?」というk声を耳にしたことがあります。それは誤解です。FS450は特にそうですがスーパーモト用に最初から仕上げてあるので、性能も当然高いのですがコスト的にも安いと感じます。以前のイタリアンハスクもKTMも同じです。KRAZyではベータのモタードに乗っていますが、とても性能が高いです。このFSは今スーパーモトレースでは人気の車両となっています。最も大きな理由は最初からスーパーモトレース用に仕上げてあり、またそのままレース本番に使えるからのようです。

 
 

#2A
車体写真はすべてLIQUI MOLYのスポンサーがつく前のものです。2019年4月撮影
 
 

プリント
車体写真はすべてLIQUI MOLYのスポンサーがつく前のものです。2019年4月撮影
 
 

<今日のコーヒーブレーク>
今週末の5月11-12日はSMJ(SupermotoJapanの略)のR2熊本が開催されます。会場はHSR九州です。高速コース+ダイナミックなダートセクションが特徴です。そして観戦ポイント間近にあるスライドコーナー。ダートセクションへの進入するための直角コーナーのブレーキングでは豪快なスライドを見ることができますよ。
観戦の詳しくはHSR九州のHPをご覧ください。

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。