• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2019.07.24

Supermoto Japan 2019 R4広島 レースレポ Part3 / エリア

0表紙

 
 

■スーパーモトジャパン2019 R4 広島 レースレポートPart3 /
エリア全クラス

7月13-14日、広島世羅グリーンパーク弘楽園でスーパーモトジャパン2019 R4広島が開催されました。ここはエリアクラス(地方選手権)のレースレポートになります。

 
 

■SMJ エリア / 地方選手権

エリアとは地方選手権のことをさします。MFJのスーパーモトライセンスを取得すれば参加できます。ライセンスは申請のみで取得可能。試験などはありません(ライセンス費用10,000円)。

 

ライセンスがあれば出れると言っても、練習無しのぶっつけ本番は危険なのでしっかりと練習とサーキットフラッグを学んでください。たまに、「練習は必要ない、レースが練習の場だ!」って方がいるンですけど危ないからやめてくださいね♬ 時に複雑なフラッグもあり、その指示に正しく従わないと大きな2次クラッシュや他のライダーの怪我をまねくことがあります。

 
 

花

 
 

エリアのクラスは以下の3つです。

 

S1 OPEN class
 全日本と同じです。排気量無制限クラスになります。
 XR600、Husqvarna 701SM、YZ450Fなど。

 

S2 class
 全日本と同じです。レーサーマシンの250ccクラスになります。
 CRF250R、RMZ250など。2ストの場合は125ccとなります。

 

S3 class
 一般市販車250ccクラスの車両。レース車両の場合は全日本モトクロスのJ85や
 レディースクラスに準じます。WR250X、CRF250M、CRF150R、KX85など

 
 

s2#6
▲女性のライダーも参戦しています。S3クラス#25林理佐選手です。熊本のチームDune★Motoさんからエントリー。背中に背負っているのはエアバッグです、転倒するとエアバッグが身体を守ってくれます。

 
 

s3#61

 
 

■Area S1 OPEN class / 北海道から参戦の#51星野選手が勝利。

#51星野浩一選手が1コーナーをクラストップで抜け、最後までそのポジションを守りきりチェッカー。S1 OPEN classの勝利を手にしました。#51星野選手は現在ただひとりの北海道から参戦の選手です。

 

北海道からの参戦は移動距離も大きくなかなか難しいのですが、増えたらいいですよね。スーパーモトレースは北海道内で開催されています。これもいつか取材に行きたいと思ってはいます。

 
 
10op#51
▲S1 OPEN class は#51星野選手が勝利

 
 

2位に入ったのは#78小林尚剛選手。1コーナーは全体でも3番手で抜けたのですが2コーナーで転倒クラッシュ、最下位まで落ちてしまいました。

 

Area S1 OPEN class / 地方選手権
1/#51星野浩一
2/#78小林尚剛

 
 

op#78
▲#78小林尚剛選手。2コーナークラッシュがなければ・・・。

 
 

■Area S2 class / S2クラス勝利は#6小鹿翼選手。

S2クラスは S1 OPEN と混走となりました。#6小鹿翼選手は排気量無制限のS1 OPEN class と混走ながらもホールショットを決めます。そのまま全体トップを守りきりチェッカー。S2クラスに勝利しました。後続を全く寄せ付けない走りでした。

 

2位に入ったのは#27原田駿介選手。スタートは出遅れ5番手となったものの、そこから追上げての2位入賞です。

 

3位は小鹿翔選手。こちらも6位から追上げての3位入賞となりました。後続からのプッシュに耐えた我慢のレースでした。

 

Area S2 class / 地方選手権
1/#6小鹿翼
2/#27原田駿介
3/#88小鹿翔

 
 

12s2#6
▲#6小鹿翼(コジカツバサ)選手。450ccマシンをぶっちぎっての勝利、速かったです。。

 

13s2#27
▲2位の#27原田駿介選手。

 

s2#27
▲3位は#88小鹿翔(コジカカケル)選手。勝った#6翼選手とは兄弟だそうです。
 

告知

 
 

■Area S3 class / S3クラスに勝利したのは#61小川史郎選手。

ナンバーの取得できる車両でのクラスがこのS3クラスです。そのS3クラスに勝ったのは#61小川史郎選手でした。#43近藤選手とのバトルを制しての勝利。

 

2位はその近藤浩司選手が入りました。#61小川選手の後ろに張り付くのですが、とらえることができないままチェッカーとなりました。

 

3位には#33石田和嗣選手が入りました。トップグループから離されてしまっての単独走行となりましたが3位獲得です。

 

Area S3 class / 地方選手権
1/#61小川史郎
2/#43近藤浩司
3/#33石田和嗣

 
 

s2#27
▲勝利したのは#61小川史郎選手。

 

s2#27
43▲2位は#43近藤浩司選手。

 

s2#27
33▲3位には#33石田和嗣選手が入りました。

 

水とダート

 

Supermoto Japan 2019 R5は8月24-25日宮城県にあるスポーツランドSUGOでの開催となります。

 

次ラウンドではYOU MY VIP!運動おこないます。これは「初めてレース観戦の方こそVIPです。なにかわからないことがあったらこのTシャツを着た方に何でも質問してください」という運動です。埼玉のモトクロスコース「ウェストポイント・オフロードヴィレッジ」さんと「スポーツランドSUGO」さんの行なっている運動です。KRAZyも協力しています。当日、このTシャツを着ていただける方を募集しています。着てもいいよというかたは下記のアドレスにメールください。facebook近藤正之にメッセンジャーでもOKです。
 
 
バナー
▲Tシャツはこんなデザインです。着ているのはS1 PRO #1森田イッキ選手のチームSRF&FTRのブッチこと酒井氏。イッキ選手から絶大な信頼がある。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZy GOODSの販売は奇数月の末に通販形式でおこなっています。アイテムは毎回かわります。過去の記事を参考にしてください。
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之 / KONDO design
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、ASAHI Beer、ANA、としまえん、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、ミツカン、コカ・コーラ社などを担当。WE RIDE 三宅島の大会コンセプト及びロゴデザインなども。インダストリアルデザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも行なっています※ヤマハ楽器にて保存。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。