• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.08.18

Supermoto Japan 2020 R1 SUGO / エリアクラス レースレポ

山に雨
 
 

■KSupermoto Japan 2020 R1 SUGO / エリアクラス レースレポ-18.Aug.2020-スーパーモトジャパン2020が8月9日(日)、ようやく開幕しました。
待ちましたよ、ホント待ちました。開幕するまで長かったですね。日程が決まってからも開催されないのでは?という噂もでました。
今回は参加をとりやめた選手もいました。#300高山選手、佐々木啓之選手、三井選手、福澤選手、TOYZ Raingはチームとして参戦中止としました。各自各チームの判断があると思います。

 

ちなみに今日は8月17日(月)。あれから1週間以上たちましたが、クラスターの発生はなかったようです。

 

今日はエリア東日本(東日本地方選手権)のレポートになります。
・・・というかレポートが遅くなってすいません。

 

■エリアについて。クラス

 

S1 OPEN class/レーサー4st250cc以上の排気量無制限クラス。350ccや450ccや500ccのモトクロスマシンにXR650やKTM690などがこのクラスになります。YZ250もこのクラスになります。
S2 class/レーサー4st250ccのクラスです。CRF250R、YZ250Fなどです。2stは125ccになります。125SXはこのクラス
S3 class/一般公道を走行できる車両の250ccはこのクラスです。WR250XやR、CRF250M、DR250など。レーサーは4st150cc、2st85がこのクラスになります。

 

■エリアは全国を3つの地域(エリア)に分割

 

エリアとは地方選手権のことをさします。
東日本、中日本、西日本の3つのエリアにわかれており各エリアでシリーズ終了後、獲得ポイントの高い選手が全日本クラスに昇格ができます。

 
 

雨
▲梅雨のあけていないスポーツランドSUGOは前日土曜のプラクティスから雨。9日(日)の決勝レースも朝から雨となりました。

 

■開幕ラウンドはエリアクラスも2レース制に

 
2020年の開幕ラウンドはエリアクラスも2レース制になりました。
いつもはタイムアタック→予選レース(決勝のグリッドを決めるレース、周回数は少ない)→決勝レース
という流れなのですが、今回は
タイムアタック→決勝レース1→決勝レース2となりました。
周回数の少ない予選が決勝レースになったわけです。
1日に2レースとなったことでタフな戦いとなり、また消耗品も増えることになりました。

 
 

1佐々木
▲雨のレースでは雨専用のタイヤを使います。レインタイヤと呼ばれ、溝が多く切ってあるのが特徴。この溝は排水性を高めるためのものです。タイヤのゴムはわらかめが使用されています。低い温度でもグリップするよう設計されています。が、路面から水がなくなると(つまり乾いてくると)グリップ力が落ちてきてしまいます。レース中の路面の乾き方、つまり天候の読みも重要になってきます。雨の観戦はつらいんですが、実はいろんな要素がって面白ろかったります。ライディングフォームの違いでも差がでやすいようです。

 
 

■Area / S1 OPEN class 結果

 

Race1
S1 OPENクラスのレース1に勝ったのは#28森田嵐。ホールショットからそのままトップを守りきりトップでチェッカー。
ようやく実力発揮のレースとなりました。

 

2位に入ったのはその森田とトップ争いを演じた#36岩崎朗。
3位は#111川崎雄大となりました。

 
 

プリント
▲#28森田嵐選手。完全勝利の開幕となりました。
 

プリント
▲#36岩崎朗選手 8コーナー進入で何度も#28森田のインを狙いますが惜しくも届かず。滑りやすい路面のなかアグレッシブな走りを見せてくれました。
 

森田
▲#111川崎雄大選手が3位に。

 

S1 OPEN class Race2
ホールショットはPPスタートの#28森田が奪いますが、#1佐々木が追い上げ、Lap4ついにトップを奪います。
#1佐々木と#28森田の接近戦はつづきますが、Lap8、7コーナーの進入で#28がスリップダウン。
これで決着がつきました。

 

勝ったのは#1佐々木徹選手。
2位には#111川崎雄大選手が入り
3位は#28森田嵐選手が入りました。

 
 

1佐々木土曜
▲Race2に勝ったのは#1佐々木徹選手。

 
1佐々木2
▲チームメイトと喜びあう#1佐々木徹選手。

 
森田
▲Race1に勝った#28森田嵐選手。

 

雨

 
 

■S2 class結果

 
Race1
S2クラスのレース1に勝ったのは#22西村智人。圧倒的な速さを見せての勝利でした。
全日本S2#4西村選手のご兄弟・・・?お話聞くのをわすれてた、すいません!
ちょっとすごい選手が現れました。

 

2位に入ったのは#48片倉唯選手。
3位には#85高橋慶太選手が入りました。

 
 

111川崎
▲勝ったのは#22西村智人選手。後続を大きく引き離しての勝利でした。

 

111川崎
▲2位に入った#48片倉唯選手。

 

111川崎
▲3位の#85高橋慶太選手。

 

S2 class Race2
S2クラスのレース2も勝ったのは#22西村智人。こちらも圧倒的な速さを見せての勝利。

 

2位に入ったのはRace1同様#48片倉唯選手。
3位も#85高橋慶太選手が入りました。

 
 

森田

 
 

■S3 class 結果

 

Race1
S3クラスのレース1は見ごたえのあるレースとなりました。終始#26倉田と#83濱田のデットヒート。
このまま#26倉田が押さえ込んで勝つのか、と思わせた最終ラップ、
#83濱田が7コーナーのインに入り、巧みに立ち上がり#26倉田をパス。
最後の最後でトップを奪うというレース。
そのまま8-9-10最終コーナーをクリアし、トップでチェッカー。

 

終始トップを走った#26倉田敦は2位に。
3位には内海篤選手が入りました。

 
 

111川崎
▲#83濱田康孝選手。桶川スポーツランドのモタードレースにも参戦されていますが、なんと、なんと、自走での参加です。ツナギもですが発電機も運びます(すいません、発電機は所有してないそうです。まちがえました、訂正します)。また車両を壊したら帰れなくなるので、レースでも無茶はできません(挑戦はするけど)。とてもすごい選手です。エリアにはMVPを設けてないけど、もし選べるとしたら候補であることは間違いないです。

 

111川崎
▲2位となった#26倉田敦選手。じつはプレスでもあります。

 

19内海
▲3位は内海篤選手。

 

S3 class Race2
レース2はトップに立った#83濱田康孝を倉田が追う展開に。
レース中盤、ついに倉田がアタックをしかけます。が8コーナーでスリップダウン。
2位に#19内海があがります。
#26倉田はハイペースで追上げますが、時間切れとなり
レース2も#83濱田康孝が勝利。
2位#19内海篤
3位26倉田敦となりました。

 
 
1佐々木土曜
▲マシンはYZ400Fです、それも消音サイレンサーのまま!「お店にあったバイクで出たらこうなったんだよ」とか。ひさびさに会いました、YZ400F。#88蜂屋弘美選手。

 

83濱田
▲トリッカーでタイヤもスタンダードのままだけど、上手いなぁなんて思って見ていたんだけど、なんと全日本のS2を走っていた#73岡田駿介選手でした!ゼッケンもあの当時の#73。

 
 

<追記/18.Aug.am9:30>
S3の濱田選手からの声をいただきました。以下です。
「私は発電機を持って無いんです。15年位モタードやってるんですが、
ずっとS3クラスの車両で、自走でウォーマー無しなんです。
(リスクもあり賛否もあるかと思うし、初心者の方にオススメして良いものか悩む事もありますが…)
なのでSUGOもウォーマー無しで、コンプレッサーも無いので
タイヤ交換は足こぎのポンプで空気入れて…っていう活動です。
流石に遠いので、エリア選手権は車に載せてますが、
家族が車使う用事と重なればレンタカーで参戦の時もあります。
発電機とウォーマーとトランポは私の中では必須では無いんです
↑私みたいな参加者が要ることを知ったら、
S3クラスの車両持ってるけどレース出た事無いっていう人に
興味持ってもらえますかね?
自分もですが、#26倉田敦さん、Dトラッカーの荒井馨さんも
S3の参加者増やしたいという思いがあります」

 
KRAZyも荒井選手は古くからの知りあいです。
S3って実はもっとも重要なクラスだったりします、
文化の普及という点こにおいては。
なんだけど、マシン的に派手さや華やかさがないので
なかなか話題の中心になりにくいんですよね…。
レーサーマシンのほうがなんとなく、かっこいい。
実際ストリートカスタムもフロントゼッケン化が広まっています。
それをなんとかしたいなぁと思ってはいます。
濱田選手ありがとうございました!

 
 

全日本各クラスのレポートはもう少々お待ちください、スイマセン。
今回より新しいことに挑戦しています。

 
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...