• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2022.07.13

SUPERMOTO JAPAN 2022 R3 福島 / S2 class

表紙クロスオーバーゆうなS2

 
 

■スーパーモトジャパン 22 R3 福島 / S2クラス「女性の優那選手が勝利!スーパーモト史上初の快挙」-13.Jul.2022- 
6月12日(日)、福島県東北サファリパーク内にあるエビスサーキットでスーパーモトジャパンRound3が開催されました。
ここはそのS2クラス(250ccクラス)のレポートになります。

 

ここエビスサーキットは記憶に残るレースが多いような気がします。
佐合選手とYassy選手の死闘、肩を脱臼しながらも走る続けたJAWS選手などなど。

 

そしてこの日も記憶に残るレースが展開されました!雨のレースはお客様にとってタイヘンだと思うのですが、でも面白いレースが多いような気がします。

 

■#26ハラツヨ、#12ユウナ、#2ソータの3人の戦い

 

前日のプラクティスはなんとか持った天気ですが、レースの日曜日は雨。コースは完全なウェットとなりました。
その中、予選タイムアタックでトップタイムを出したのは連勝中のハラツヨこと#26原島ツヨシ選手。元プロクラスの選手なので、当たり前の速さではあるのですが。

 

2番タイムは全日本クラスでただ一人の女性選手、#12鈴木ユウナ選手。モトクロスのIBライセンスを持つモトクロス選手。アスファルトセクションではハラツヨに劣るものの、ダートは速いです。ましてや雨となれば・・・。

 

3番タイムは、同じくモトクロスIBライセンスを持つ#2川島颯太選手。まだ高校生ですが、2021年のランキングは2位。プロクラスに昇格できる権利はあったのですが「あえてこの250ccクラスに残り、基本的なライディングスキルを身につけ速さを磨きます!」とこのクラスに残留。「また22年は高校3年生になり勉強もやりたいので、22年はスポット参戦です」と。

 

■Race1

 

このレースに勝ったのは女性選手の鈴木ユウナ選手。
ホールショットは先輩ハラツヨこと#26原島ツヨシ選手に譲ったものの、グラベル状(土というよりジャリの混じった)のダートセクションでその差を詰めます。
Lap7、そのダートセクションのブレーキングで仕掛けついにトップを奪います。

 
 

s2#12ダート

 

■新しい歴史が
 

#12ユウナ選手はトップに立つとペースアップを図ります!2番手#26ハラツヨ選手との差を徐々に広げていきます。

 

そしてついに最終ラップ。
#12ユーナ選手は快調にトップ走ります。バックストレッチから最終コーナーへ。一瞬見えなくなりますが、最終コーナーを無事に立ち上がってきます。そしてついにチェッカー!
女性初の勝利をついに手にしました。全日本格式のクラスのなか男性に混じっての勝利です。歴史的な瞬間です。

 

2位はハラツヨこと#26原島剛選手。
3位には#2川島颯太選手が入りました。

 
 

s2#12ダート
全日本スーパーモトでは初の女性選手の勝利です。おめでとうございます。今期1勝は上げるだろうなぁとは思っていましたが。

 

s2#26水
2位に入ったのは元プロクラスのハラツヨこと#26原島剛選手。

 

s2#2ダート
3位は高校生の元モトクロスライダーの#2川島ソータ選手。モトクロスで有名なT.E.SPORT jrに所属。そうです、あの東福寺さんのチームです。東福寺さんといえば僕ら世代にとっては神様!今もお話するときは緊張します(笑。

 

ゆうな3正面
#12鈴木ユウナ選手です。JMXのIBライセンスも持っています。JMX/全日本モトクロスでのレースも観ていますが、450ccのマシンを巧みにトラクションさせながら前に前に車体を運ぶライディングはエンデューロにも向いているかも。

 

■Race2

 

レース2はレース1の結果順のグリッドとなります。
PPは#12鈴木ユウナ、2番グリッドはベテラン#26ハラツヨ、3番グリッドは高校生の#2川島ソウタ。

 

ホールショットは#26ハラツヨ。さすがです。続いて#12鈴木ユウナ、#2川島ソータの順。
しかしLap2で#2川島ソータが#12ユウナをかわし2位に上がります。今度は高校生の勝利!?

 

ラップを重ねるごとに#26ハラツヨが徐々に#2川島ソータとの差を広げ、終盤には簡単にはアタックできない距離を#2川島との間に作ります。

 

一方では#12ユウナも3位のままでいるわけにはいきません。得意なダートで#2川島にアタックを仕掛けます。
最終ラップ、トップはハラツヨこと#26原島ツヨシ選手のまま。2番手は高校生#2川島ソータ選手、3番手は#12鈴木ユウナ選手。この二人の差はわずかです。
ダートで#12ユウナが仕掛け#2ソータの横に入ります。が、#2ソータが抑えます。
チェッカーを最初に受けたのは#26原島ツヨシ選手、2位は#2川島ソータ選手、3位には#12鈴木ユウナ選手が入りました。

 
 

s2#26ターマック

 

s2#2最終コーナー立ち上がり

 

s2#12ターマック

 

■S2 Result / Race1

 

1/#12鈴木優那
2/#26原島剛
3/#2川島颯太
4/#27古高智也
5/#5勝谷仁
6/#25大金歩夢

 

■S2 Result / Race2

 

1/#26原島剛
2/#2川島颯太
3/#12鈴木優那
4/#5勝谷仁
5/#27古高智也
6/#25大金歩夢

 

■S2 ポイントランキング

 

1/#26原島剛 ・・145point
2/#12鈴木優那2川島颯太・・110
3/#2川島颯太・ 72
4/#27古高智也・・65
5/#4土橋亮一 ・・60
6/#5勝谷仁 ・・・54
※ポイントランキングに間違いがありました。2位は鈴木ユウナ選手、3位は川島ソータ選手でした。ハラツヨ選手、ご指摘あざます。
 

s2#2最終コーナー立ち上がり
#5勝谷仁選手、Race1/5位 、Race2/4位、総合4位

 

s2#27
#27古高智也選手、Race1/4位 、Race2/5位、総合5位。勝谷選手と同ポイントですが、この場合最終レースの順位で決まります。あ、レース後、いろいろお話ありがとうございました!

 

s2#25
Race1/5位 、Race2/6位、総合6位に入った#25大金歩夢選手。全日本クラスルーキーです。アユムと読みます、覚えてくださ〜い!今期は難しいかもだけど、来季は一勝するかも!!プロクラスに上がらなければ。