• RSS TAKAKIYA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2018.06.03

Supermoto Japan R2 広島 Area class 他 / その5

1表紙パドック

 
 

Supermoto Japan R2 広島 Area class (地方選手権クラス)他 / その5

 

ここはスーパーモトジャパンR2広島のエリアクラス(地方選手権クラス)のレポートになります。

 

全日本クラスのレポートは以下から。

※S1 proのレポは以下になります(5月22-23日掲載)
   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.krazy-web.com/custom/supermoto-japan-r2-広島-弘楽園-s1-pro-class/

 

http://www.krazy-web.com/custom/supermoto-japan-r2-広島-弘楽園-s1-pro-class-その2/

 

※S1 openは以下になります(5月31日掲載)
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.krazy-web.com/custom/supermoto-japan-r2-広島-弘楽園-s1-open-class-その3/

※S2は以下になります(6月2日掲載)
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.krazy-web.com/custom/supermoto-japan-r2-広島-s2-class-そして-その4/
 
 
 
 
op#9松村ヨコ

 
■エリア S3クラスに勝ったのは#10北澤純

スタートからトップに立ちその後も後続を寄せ付けず、というかグイグイ引き離しそのままトップでチェッカー。堂々たる戦いでした。おめでとうございます。

 
 
 
 
op#9松村ヨコ

 
■2位は#5川上睦美選手
タイムアタックではあまり好タイムをだせず2列目4番グリッドからのスタートとなります。が、巧みなレース運びで順位を上げ2位に食い込みました。あ、そうですそうです、女性です。
さすがのレース運びでした。
 
 
 
 
op#9松村ヨコ

 

■3位には高校生の笹岡未雪
タイムアタックは1番タイムをたたき出し、ポールポジションを獲得。しかしスタートに失敗。また、ダートでもミスをおかし4番手に。しかし最終ラップではターマックで1つ順位をあげ3位に食い込みました。
#150笹岡選手、タイムは出せるのですがレース運びが上手くない・・・ちょっと惜しい。てか、笹岡ミユキ選手は小さな頃から知っているんだけど、乗るのは上手いし速いンです。5月のGWには地元コースで走るそのライディングにはびっくりでした。ハイコンパウンドではないIRCの01スペックRでものすごい走りをしていました。250ccレーサー+スリックタイヤでも追いつかない走りでした。

 
 
 
 

S3#28桧垣集

 

■惜しくも4位は桧垣集(ヒガキアツム)選手。
KX85で戦う#28桧垣集選手、序盤では2位に上がるのですが2st85ccは直線などでやや不利なのか4位に。
速いマシンじゃなくても、そこにあるマシンで戦うのもいいように思います。じゃないとお金がかかるばかりになってしまう。そもそも勝ち負けだけがレースじゃないですし・・・レースもスポーツなので、楽しむことが最も重要な気がします。KRAZyは桧垣選手を応援していまーす!

 
 
 
 

S3#150みゆき

 

■5位は林理佐選手
5位に入ったのも女性ライダーの林理佐選手です。今回のS3クラスはウーマンズクラスのようでした。
上半身のツナギの上に身につけている赤いベスト状のものはクラッシュしたときに膨らんで身体を守るものだそうです。身体を守るモノはマシン以上に重要!

 
 
 
 

S3#150みゆき

 

■S2 class #22有田陽次選手
S2クラスはは参加人数が1人のためレース不成立となりました。と書くと#22有田選手が否定されたようなかんじがしますが、有田選手のせいじゃない。1人でも参加したことの意味のほうが大きいですよね。
中国地域のみなさん、S2クラスに挑戦しませんか? あ、広島なら四国からも近いですね。いかがですかー?

 

※KRAZyのレースレポートの写真は販売しています。3点このようにデザイン加工して5000円になります。オリジナルデータもお渡しします。全員の写真があります。

 
 
 

バナー
 

YOU MY VIP! Tee を着ているのはSRF宮城&FTRのブッチさん。$1森田選手の重要な相談役、というか厚い信頼を置いているチームメイト。チームメイトよりもっと上の存在なのかな。このTeeシャツはお客様への運動で、全日本モトクロスのR2関東大会とR3SUGO大会で行なわれたものです。初めてレースを観に行くとわからないことだらけ。プログラムで説明してもキリがないくらい(大抵のコトは書いてあるんですけど)。そんな初めての方々が困らないように!ってことで、このTシャツを着ている方には何でも聞いてください!という運動です。お客様を大切にしよう、特にはじめてのお客様を大切に!という運動でした。関東大会のオフロードヴィレッジさんが始め、SUGOさんも続いたというかんじ。
その運動をスーパーモトでもやるよ。という意味かな、これは・・・・。これは全てのレースでも行なえたらいいですね。てか、すべてのスポーツにも当てはまるよね。スケボとかサーフィンとかの大会にいくと、KRAZyもわからないことだらけです・・・汗

 
 
 
 

ハルさん

 

SUPERMOTO JAPANのサイトに掲載されている「開催サーキット周辺情報」「お店情報」「バスなども含めたアクセス情報」はこのハルカさんが作っています。ただしくは岡本晴香さん。ハスクバーナ長野やCPスポーツのチームハスクバーナのマネージャーをやっています。
以前、同じような情報を作成しKRAZyの前のMOTO1 Free Paperに載せていました。ものすごーく手間がかかり大変な作業でした。反響も少なかったので1年でやめました・・・マジで大変な作業なんですコレ。
「ちゃちゃっと作ってるだけ、全然たいしたことないの」ってハルカさんは言うけど、誰もやらなかったし、できなかったわけでホントーにすごいです!
ハルカさん、いつもありがとうございます!!

 

この写真は隠し撮りですが、本人にはちゃんと許可いただいていまーす(汗。

 
 
 
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之