• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2017.07.11

Supermoto Japan R4広島 Part3 / エリア全クラスとMVP

1表紙P2
 
 

■Supermoto Japan R4広島 レースレポ Part3 / エリア全クラスとMVP賞

 

 Supermoto Japan R4広島の地方選手権(エリアクラス)のレースレポートと、R4広島のMVP賞の発表でーす。
 
 全日本スーパーモト選手権「Supermoto Japan」には、地方選手権と全日本選手権があります。一般にSupermoto Japanと言えば全日本選手権のほうです。

 

 地方選手権はMOTO1時代の名残から(※)エリアクラスと呼ばれます。全国を3つの地域に分け、その地域の中で戦います。西日本、中日本、東日本の3つに分かれていて、今回は西日本エリアのエリア戦となります。

 

エリアクラスには車輛の違いによって以下の3つのクラスがあります。
●S1 OPEN class
排気量無制限クラス
Honda CRF450Rなどのモトクロス用レースマシン、それに加えHonda XR600やHusqvarna 701Supermotoなど
 
●S2 class
250ccクラス
Yamaha YZ250Fなどモトクロス用レースマシン、
 
●S3 class
市販公道車250ccとレースマシンは2ストは85cc、4ストは150ccになります。
WR250X、CRF250LやM、RM85、CRF150などです。

 

※MOTO1時代の名残:MOTO1では、観るお客さまがそのすべてを「かっこいい」と感じていただけるように考えていました。エリアクラスはエントリークラスではありますが、「かっこいい」「あんな風に走ってみたい」「やってみたい」と感じていただけたらと考えていました。地方選手権という名前は分かりやすいのですが、あえてエリアとネーミングしていました。それは主催運営だけではなくトップの選手たちも意識しそう感じてもらうことで、あの盛況につなげていました。

 
 
 
■S1 OPEN class / Area

#18増成
 
 西日本エリア S1 OPENを制したのは#35山下知晃選手でした。今年はマシンを変更しての圧倒的勝利でした!おめでとうございます。
 
 
 
 
エS1#35山下
 
 2位は井上顕章選手。ライディングフォームがかっこいいので、どこで撮っても絵になる。ついつい多く撮ってしまいました(汗。次ラウンドは参戦できず・・・?
 
 
 
 
エS1#21井上
 
 3位はtmに乗る#213原田晶雄選手が入りました。tm450いつか乗ってみたいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■S2 class / Area

エS1#35山下
 

 優勝は#22有田陽次選手でした。おめでとうございます!
 
 
 
 
エS1#35山下
 

 2位には#74荒平友之選手が入りました。
 
 
 
 
エS1#35山下
 

 3位#52古家誠也選手。ラップタイムは圧倒的の1分10秒台だったんですが・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■S3 class / Area

エS3#5川上
 

 優勝は#5川上睦美選手!そう、女性です。なおかつS2クラス(レーサー250ccマシン)よりも速い!!
 マシンはCRF150Rです。このような高速コースはやはりCRF150は不利です。最高スピードが足りないからです。ですが、そのようなハンデを感じさせない勝利でした。
 とにかくフォームがかっこいい。個人的には全日本も含め一番美しいと思っています!いつどこで撮っても美しい。こんなフォームで乗れるようになりたいです。

 
 
 

エS3#5川上
 
 2位は#86古家諒雅選手。優勝の#5川上選手と差はないのですが、レース運びで負けてしまった(?)まだ始めたばかりだとか。将来が期待です。
 
 
 
 
エS3#5川上
 

 3位には檜垣集選手が入りました。KX85ですから、かなり健闘ですよね!
 
 
 
 
エS3#86リョウガ
 
S3クラスには女性が2人参戦しています。熊本のDune★Motoからです。#27の平唯選手。そして#25は林理佐選手です。女性が参加したり観戦に来てもらえるかどうかって実はとても大きいと思います。

 
 
 
 
エS3#86リョウガ
 

 なぜなら人口の半分は女性だから・・・当然ですけど。

 

 また、戦うとか争うという闘争心は女性の方が強く、また多くの方が興味があるという調査結果もあるんですよ。バイクに乗ってみたい、バイクレースやってみたい、と考える女性ってわりと多いんですよね。だけど始めるきっかけがないんだそうです。
 
 
 
 
 
 

R4広島のMVP賞は、

候補
1)S1 PRO #3城取諒選手
 スポット参戦ながら総合優勝を獲得(レ−ス1/2位、レース2/2位)。

2)S1 OPEN #44稲福弘選手
 沖縄から参戦。ぶっちゃけ本当に遠いわけです!それを気にせず参戦した点。
 また沖縄では走る場所も少ないなかで続けていることも。

3)西日本エリア S3 #5川上睦美選手
 S2クラスに負けない速さと強さ。小さなマシン+女性でも勝てることを証明した点。
 
4)Dune★Moto / 川上ヨシフミ選手+睦美選手
 西日本地区のスーパーモト文化への貢献。今回も数多くの選手と供に参戦しています。

 

 #3城取選手は、総合表彰でもきっちり褒められてるし、まぁ他からも賞賛されるでしょうから、今回は無し・・・(すいません)。
 沖縄でスーパーモトを続けている#44稲福弘選手、女性の可能性を見せた#5川上選手、西日本のスーパーモト普及のDune★Moto川上夫妻、この2人と1組から選びたいと考えました。

 
 

 で、結論。R4広島のMVPは#44稲福弘選手!
 実力以上の力を発揮したかどうかを大切にしたいと思っていたんですが、それ以上に遠い沖縄での活動を讃えたいなぁと考えました。それはスーパーモトという文化全体にも関わるからです。
 商品はステッカー一式とKRAZyの新作Tシャツです。後で連絡させていただきます!(赤嶺選手もメカおつかれさまでした!)
 
 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に8〜10回、販売形態は通販です。次回は7月末です。
KRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之

 

OTHER POST

Loading...