• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2017.07.10

SupermotoJapan R4広島 Part2 / S1 OPEN & S2 class

1表紙
 
 

■Supermoto Japan R4 広島 レースレポ Part2 / S1 OPEN & S2 class
 

 7月1-2日に行なわれた スーパーモトジャパン Round4広島の、全日本 S1 OPEN と S2 クラスのレースレポートになります。
 
 7月7日にアップした S1 PRO classのレポートでも書きましたが、梅雨のまっただ中でありながらも雨に当たらない2日間でした。ただし、ものすごーい湿度・・・かなり蒸し暑い2日間でした。

 

 観戦にいらっしゃった皆様にもなかなかの蒸し暑さだったと思います。ご苦労様でした。個人的には、久々にお会いできた方もいらっしゃったんですが、あまりお話もできずにスイマセンでした。

 
 

青い空
 
 

●S1 OPEN class
排気量無制限のクラス。600ccでも700ccでもOK。
主に450ccのレース用マシンを使用します。
Yamaha YZ450F、KTM690SMC-R、Honda XR600他

 

●S2 class
250ccのレース用車輛を使っています。
Honda CRF250R、Kawasaki KX250F他 

 
 

青い空

 
 
 
 
 
 
 

#2光
 
 

■S1 OPEN class 熾烈な戦いのS1 OPEN クラスに勝ったのは#40富田選手

決勝グリッドのポールポジションを取ったのは#5ベンバサット・ミッキー選手。
2番グリッドはS2チャンピオンの#40富田真司選手、
3番はダートトラックのトップライダー松浦聡選手
4番はロード出身の#4佐藤友之選手

 

 PPと2番グリッドのこの2人はこのスーパーモトジャパンの前身MOTO1時代からこのレースに参戦し、スーパーモトスポーツを作り上げて来たベテランです。
 続く2人も他のレースで、実績のあるライダーです。そういう意味では高いレベルの戦いとなりました。

 

 この戦いを制したのは#40富田真司選手でした↑。ベストラップはS1 PRO 中番手に当たる好タイムをたたき出しています。これでR3福島に続いての2連勝となりました。これでポイントランキングもトップに。

 
 
 

#2光
 

 最終ラップ、第1ダート出口で富田選手のパスに成功しトップに立った#38松浦聡選手。
 しかしその直後の第2ダート入り口の右コーナーをややミス。その隙を#40富田選手につかれ再びトップを奪われてしまいます。そう、松浦選手はダートトラック選手であることもあり、やや右コーナーが苦手。本人が言うほど苦手にしている風には見えないのですが、そこをつかれてしました(残念)。
 そのまま2位でフィニッシュ。R3福島に続いての2位です。ルーキーとは思えない速さです。

 
 

#2光
 

 3位に入ったのは#4佐藤友之選手でした。この#4佐藤選手までがベストラップ1分4秒台に入れています。

 
 

S1 OPEN class
 1/#40富田真司 Honda CRF450R CP sports × Seel Racing
 2/#38松浦聡 Yamaha YZ450F Teamケンズパワー&リキモリ
 3/#4佐藤友之 Suzuki RMZ450 SRF宮城 & FTR
 4/#5Ben-Bassat Micky Husqvarna FS450 Husqvarna長野 × CPsports × Motozen
 5/#45瀧川貴士 Honda CRF450R MOTOSTYLE
 6/#8中島俊介 Yamaha YZ450F CHINKASS PEROZE

 

Round4終了時点でのS2クラスポイントランキング
 1/70pt #40富田真司
 2/64pt #5ベンバサット・ミッキー
 3/45pt #7田中圭介
 4/44pt #38松浦聡
 5/33pt #6増田浩志
 6/32pt #8中島俊介

 
 

後ろ姿
 

 今回もこのS1 OPENクラスが、最も参戦者は多くなっています。全体に参加者も増えつつあるのですが、西日本が少ない傾向があります。
 その数少ない広島地元から参戦の#18増成誠二選手↑。惜しくもクラッシュでリタイヤとなりました。

 
 

後ろ姿
 

 全体に西日本からの参戦が少ないのですが、しかし熊本、福岡、そして四国からの参戦は多い状況にあります。また今回は沖縄からの参戦もありました。トップの写真はその沖縄から参戦の#44稲福弘選手です。

 
 

ヒロシ引き
 
 

 
 
 

青い空
 
 

 
 
 

#2光
 

■S2 class #11平選手強いです。

 勝ったのは今回も#11平翔太選手でした。参戦できなかったR3福島以外、R1で2位 R2は優勝、今回も優勝。一度もその背中を掴まれることなく、チェッカーです。
 ポイントランキングもトップです。

 
 

#18納富
 
 2位は#18納富桂(ノウトミカツラ)選手が入りました。九州勢がワンツーです。#18納富選手はひょうひょうとしていますが、バイクに乗るとすごい人に(笑。

 
 
 

#2光
 

 3位に入ったのは#12井深泰治選手でした。予選でのエンジンがかからないというトラブルから、レースで確実に1人づつかわし、決勝では3位まで挽回しました。タフな走りを見せました。
 前日のマシンセットアップ走行から、いい走りを見せていましたから実力なのでしょうけど。決勝でのラップタイムも2番タイムを出しています。

 
 

S2 class
 1/#11平翔太 Honda CRF250R Dune★moto
 2/#18納富桂 Kawasaki KX250F D-Garage
 3/#12井深泰治 Honda CRF250R PrersumRide × C.G.PHANTOM Racing
 4/#10松井康晃 Yamaha YZ250F ピンクマン
 5/#47津村竜初 Honda CRF250R Technix
 6/#30森本 Yamaha YZ250F モトぼっち × Dunlop

 

Round4終了時点でのS2クラスポイントランキング
 1/57pt #11平翔太
 2/37pt #25小倉浩靖
 3/37pt #34土橋亮一
 4/33pt #7堀田大人
 5/30pt #46阿部恵斗
 6/27pt #48KUBO KEMINTH
 
 

#17松下
 
 

 今年56歳?(修正 すいません!57歳だそうです)になる福沢武選手、まだまだ頑張ります。

 
 
 

青い空
 
 

 熊本のDune★Motoさんからは全日本とエリア合わせて10人くらいの参戦がありました。そして女性も3人! すごいです・・・。

 

 S2クラスは四国からの参戦も多くて6人、福岡+熊本からが4人で、約半分になりました。

 
 
 

青い空
 
 

次はエリア(地方選手権)になりまーす。MVPも次回には。
MVPの候補が多くて、悩みチュー。

 
 
 

 んー、それにしても全日本の9ラウンドは多いような気もするけど・・・どうなの選手のみなさん。この状態でずっと参戦続けられます? お金が続かなくて、あと2年したら誰もいなくなるとか・・・年4ラウンドくらいが丁度いいのでは。

 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に8〜10回、販売形態は通販です。次回は7月末です。
KRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之

 

OTHER POST

Loading...