• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2021.01.01

WE LOVE MOTARD! 2021 / 全国のストリートモタード Part1

プリント

 
 

■WE LOVE MOTARD! 2021 / 全国のストリートモタード Part1-01.Jan.2021- 

あけましておめでとうございます。今年もKRAZyをよろしくお願いいたします。

 

昨年は新型コロナの1年となり、外出もままならない状況がつ付きました。
がバイクはもともと単独行動、密になりにくいことから、注目が集まり販売も伸びたそうです。

 

昨年の秋に全国の皆さまから送っていただいたストリートモタードの紹介レポートが遅れていました。すいません!

 

ってわけで、2021年1回目のレポートはこのWE LOVE MOTARD / 全国のストリートモタード特集です。今日の1月1日から3回連続で紹介させていただきます。

 

まずはPart1から

 
 

■WE LOVE MOTARD! 2021 Part1

 

3進藤D-tra

 

1 てっつんさん Kawasaki Dtracker 2003

前回に引き続き応募いただきました。ありがとうございます!!
車両は少し変更があるそうです。ステムスタビライザー(自作)、サイドゼッケン、DトラX用スイングアームカバー、マフラー固定位置変更(少し上げました)。
逆光が美しくまた空の雲が絶妙にいい演技をしつつ、そんでもって背景のグリーンが車体にあってて独特の雰囲気!!

 
 
 

26山内DR-Z

 

2 じょんさん Suzuki DR-Z400SM 2007
07年のバイク、つまり13年前の車両がいまも現役で普通に走ってるってすごいですよね。70年代80年代にはあり得なかったんじゃないのでは・・・。
車体に映り込む光がきれい!
 
 
 

21坪井WR-X

 

3 Iceさん Yamaha WR250X
「かわいいとかっこいい」の両方を表現した車両だそうです。確かに!!!
撮影した場所もいいですよね。下からの人口の光が独特の雰囲気作ってますよねー。

 
 
 

3進藤D-tra
 

4 PT HOさん TM Racing SMR530Fi 2016
なんと香港から!
先日はグッズも購入いただきました。あっざーすです。毎年、#300高山選手 / SupermotoJapan の開催するMotaFriends パーティに遊びに来ているという高山選手の大ファンの方です。
 
 
 

16一ノ瀬Dtra

 

5 一ノ瀬さん Kawasaki Dtracker Dirt Special
勝手に車両に名前つけちゃいました。なにしろタイヤが17インチのワイドダートタイヤ!
見た目も超カッコイイ!このタイヤの仕様、いつか乗ってみたいです。

 
 
 

45為木CRM神戸

 

6 唐沢伊織さん Honda XR250 Motard & CRF250M
唐沢さんは自分のスノーモービルの先生の一人です。唐沢先生のバイクは右手のXR、でもう一台のCRF250Mは彼女さんの・・・なんと2人でモタードに乗っています!
ウラヤましすぎる・・・・。

 
 
 

9関谷さん

 

7 桂島巧さん Husqvarna TE250i 2019
2st250ccのインジェクション車両です。低い回転域からトルクもパワーもでてくるので、ストリートでも乗りやすい車両。でも高回転まで回せば、一気にレーサー2st250に変貌。
製作は仙台のフクダテクニカさん。スーパーモトジャパンのS1 proクラス森田一輝選手のマシンはここで製作、整備されていました。

 
 
 

3進藤D-tra

 

8 加藤さん Honda CRF250M
フロントゼッケン化されているCRF250Mです。
今年の初夏にテクニクスさんの製作した モタードサスを前後に入れたCRF250Mに乗らせていただきましたが、ものすごく走りやすかったです。ミニサーキットでの試乗だったのですが路面が濡れていたこともあって、ゆっくり走行ではありましたがとてもよかったです。
初期はよく動き(小さな力には細かく反応し、路面を追う)、しかしブレーキングなどで急激で大きな力がかかったときはスコンと奥まで入り切ってしまうことがなくしっとり動きます。また コーナリング中の縮んだ状態でも、そこでの路面の荒れも細かく動いて路面を追っていきます。
なので、攻めて行っても全然怖くない。バネを切って硬くしただけではこうはなりません。
チャンスがあったら一度試乗をお勧めします。
テクニクスさんのでなくとも、経験のあるショップの製作した車両に乗ってみるものいいかもです。見本がわかると言うか・・・

 
 
 

9関谷さん

 

9 ぬんさん Yamaha WR250X 2017

「あまり派手にせずに純正っぽさを出しながらも、ちょっと違うって雰囲気を大切にしています。CRF450Lの顔面に一目惚れして、移植してみました。」とのこと。
排気系は、FMFメガボム+ビームスチタンサイレンサー

CRF450Lのヘッドライトカウルのデザインはいいですよね。よくできてる!・・・ていうか背景が気になります!

 
 
 

基本形
 

10 塩原義久さん Honda CRF250X

2年前に投稿していただいたCRF250Xが進化したそうなので。
エンジン腰上オーバーホール(シリンダー、ピストン他交換)、リヤサスもオーバーホールしました。(予算的にリバルビングは行わず、しかく別格にな進化)、 fmf マフラー のフルエキへ(Q4とメガボム)。
乗りやすくなったそうです、特に低速が乗りやすくなったそうです。O/Hしたエンジンは絶好調だそう。
サスはリバルビングできなったのが残念だったそうですが、でも動きが良くなったそうです。
「サーキットで走りたいですね…いつか!思いっきりね!あっ🤭自分なりの思いっきりでね!モタード大好きだから頑張りまっせ!佐合レプリカのxr250 モタードもエンジンme08仕様になりましたけど、もっぱらcrf250x乗ってますよ!モタード万歳」
次は外装とタイヤだそうです。
年式の新しいバイクも気になるそうですが、気分はMOTO1の時代のままとか。

※MOTO1:今のスーパーモトジャパン以前の選手権名。このMOTO1から日本のモタードは始まったといってもいいかもしれません。

 
 
 

1塩原CRF-X
 

11 遠藤伴史さん Yamaha WR250X
主に通勤で使われているそう。時に宮ヶ瀬や道志(神奈川)などの峠も。「まだまだカスタムして行きたいです❗️」とのこと。
またオフ会でお会いしましょう!

 
 
 

5畑野WR-X

 

12 Cayoさん Honda XR250 Motard 2003

このXR250 Motardの発売時のプロモーション用写真のライダーは、仙台のバイクショップ「Garage OPB」の大森氏と、今はオートで活躍中の松本康選手(Yassy)でした。

 
 
 

9関谷さん
 

13 Nicoleさん Husqvarna 701Supermoto
「Supermotoの軽くてハイパワーなところがとても気に入ってます」とのこと。
一度自分も所有してみたいバイクの一つです。
 
 
 

7花岡Dtra

 
14 篠原伯佳さん Kawasaki D-tracker X 2008
カスタムポイントは、
ブレーキホース前後メッシュ、シート張替え、マフラー(デルタ)、ステムスタビライザー(アウテックス)、チェーン(DID)、スプロケット(ISA)、ウィンカー前後(DRC)、フェンダーレス(DRC)、ハンドガード(CEMOTO)、クーラントリザーバータンク前移設
お仕事に関係した(?)ちょっと変わった背景のカットもあったんですが、それらはピントが甘く・・・このカットを選ばせていただきました、すいません。(※背景が普通だけど、車両がキチンと見えるのでどうでしょう・・・)

 
 
 

7花岡Dtra
 

15 cooper9さん Kawasaki D-tracker

皆さん、KRAZyのステッカーが車両のどこかに貼ってある!Cooper9さんはフロントに・・・あっざーすです(涙。
しかし今回はD-traが多かったような。

 
 
 

1塩原CRF-X
 

16 しんたろーさん Kawasaki D-Tracker
「いじるところが多すぎてお金のかかる奴です」とはオーナーのしんたろーさん(笑。
というか1998年という20年以上前に生産された車両が現役ってスゴ!・・・あ、撮影場所は神戸ですよね、こんな撮影ポイントあるんですね。懐かしいです!!

 
 

Part2に続く。Part2は2021年1月1日の18:00にアップ予定です。
 
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Asahi Beer、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けないための工夫です。

OTHER POST

Loading...